透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひな祭り2015 ~道明寺の桜餅~

道明寺の桜餅
道明寺の桜餅

コンビニで、個包装の桜餅をみつけました。
最近のコンビニは、スイーツが充実していますね。和菓子屋さんに行って桜餅を1個買うのは、ちょっと勇気が必要ですが、個包装だと1個でも気がねが無く買えるのではないでしょうか?
(何て書きつつ、私は街の和菓子屋さんで売っている、かんぴょう巻きが好きなのですが・・・和菓子屋さんも時々利用しています。)

そのコンビニにあったのは、道明寺の桜餅でした。
道明寺粉を使ったもので、道明寺粉とは、もち米を水に浸してから蒸し、乾燥させて粗くひいたものです。関西で食べられる桜餅で、あんはすっぽり包んであります。

これに対して関東風の桜餅は、小麦粉の生地を桜色に着色し、小判型に焼いてあんに巻いたもので、中のあんが見えています。

元々は関西地方で食べられていた“節分の巻き寿司・丸かぶり”を、最近は関東でも食べるみたいに、関西風桜餅を関東でもよく見かけるようになりましたね。


道明寺の桜餅 82g 桜餅の栄養成分 桜餅の原材料名
道明寺の桜餅の栄養成分と原材料名

■1包装(82g)当りの栄養成分
エネルギー:151kcal  たんぱく質:3.1g  脂質:0.3g  炭水化物:34.0g
ナトリウム:221mg(食塩相当量:0.6g)  

★塩分に関しては、ナトリウム表示しかないので、ナトリウムから塩分換算しました。
ナトリウム× 2.54=食塩相当量ですから
221(mg)× 2.54 = 561(mg)
ここで、食塩相当量をグラム(g)に直すと
561(mg)÷ 1000 = 0.56 g → 0.6g

食塩相当量は、小数第2位を四捨五入し、小数第1位で表示するのが決まりごとです。簡単に言えば食品成分表に書いてある数値の表示方法にあわせます。ですから、0.6gとなります。

お店でナトリウム表示を見て、すぐこの方法で塩分換算するのは、ちょっとハードルが高いですが、400で割るというやり方もあります。
221 ÷ 400 ≒ 0.6 となります。

■ちょっと脱線してしまいますが、例えばコンビニで1食分を買おうという場合に、個別に塩分換算をして合計するのは大変ですね。そこで私は、ナトリウムを合計して900mgで収まるように
すると、減塩の食事になります、と説明しています。
つまり、ナトリウム900mg × 2.54 = (食塩相当量)2286 mg
→ 2286mg ÷ 1000 = 2.286 g → 2.3g
という計算で、2.3g の食塩相当量になるからです。
この方法で試しに計算してみてください。減塩の達成は難しいことがお分かりになるかと思います。

■さて、話を元に戻しまして、計量して1個82gとボリュームのある桜餅の封を開けると、桜の香りが広がり、食欲をそそります。ほんのり塩味のついた桜葉とあんの甘さが調和して美味しくいただきました。
食品成分表の、桜もち関西風 82g の食塩相当量は、0.1g になります。この桜餅との差は0.5g もあります。食品成分表の数値は桜葉を含んでいないのかしら?


疑問を残しつつも・・・
ごちそうさまでした


手作りおひな様 おひな様 八女のおひな様
おひな様

過去の透析レストランで掲載したおひな様です。
左のおひな様は、安全ピンと割り箸とビーズで作られたもので、過去1番人気!!です。
今、我が家の玄関に飾ってあるのですが、明日以降のお天気の良い午前中に仕舞わなくては。
右のおひな様は、DMサミットで福岡に行ったときに宿泊したホテルに飾ってあったものです。


スポンサーサイト
  1. 2015/03/03(火) 23:00:06|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十五夜2014&快気祝い

今夜は十五夜ですね。
生憎の雨のため、お月さまは見えません。残念・・・

         月見団子    すすき

穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが月見団子のはじまりだそうです。
この月見団子は、十五夜だから15個。一番下が10個で真ん中が4個。一番上は1個のお団子です。

その時々で、季節の写真やお出かけ写真は撮り貯めているのですが、今年は仕事以外の野暮用に忙しく、透析レストランのアップのタイミング外しまくりです。

なので、本日は必死の思いでタイムリーに十五夜写真をお届けします。


先日、親友の快気祝いをしました。

はもの天ぷら  米なすの田楽  松茸の土瓶蒸し
はもの天ぷら&米なすの田楽&松茸の土瓶蒸し

この友が病に倒れた事は、透析レストラン2014/01/22 第17回日本病態栄養学会@大阪へ行ってきました~当院自慢の「糖尿病(1600kcal)コンテスト① に書いています。⇒コチラ

「毎年、国立京都国際会館駅を降り地上に出る時、傍らには親友がいました。ピリリと引き締まる緊張感と嬉しさを、いつもその親友と共有していました。
悩みを相談したり、愚痴を言い合ったり、お互いに励まし合ってきた友達です。その友達が昨年病で倒れてしまい、今回は学会不参加でした。」

まだ職場復帰はしていませんが、順調に回復に向かっています。
快気祝いでいただいた物は、名残の夏の鱧と、今が旬の松茸などです。
今、アップしなければ、またまたお蔵入り・・・
なので、こちらもアップします。


透析を受けながら、癌と長年闘っているキドさんが、先日こうおっしゃっていました。
「体力を付けようと、嫌いなものを無理して食べても身にならない。満腹になるかもしれないが、満足感はない。それよりも好きな物を食べた方がいい。」

何て蘊蓄のある内容でしょう!!
暑くて、食欲がイマイチ出なかった夏が去り、やっと食欲の秋が到来です。
みなさん、美味しい物を召し上がってくださいね。



  1. 2014/09/08(月) 22:58:54|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘルシーフードショー2014が開催されました

ヘルシーフードショー2014

2014年7月12日(土)、東京都立産業貿易センターで、ヘルシーフードショーが開催されました。
透析レストランでは、2010年に開催された時に記事にしています。
2010/04/26 透析レストラン  ヘルシーフードショー2010へ行って来ました

ヘルシーフードショー開催日に、私は4月に引き続き2回目の秋田へ行っていたので参加できなかったのですが、透析レストランのスタッフが参加したので、彼女のレポートも交えてお伝えしたいと思います。


東京都立産業貿易センター 会場レイアウト はつらつコーナー 全粥ゼリー
東京都立産業貿易センター&会場レイアウト はつらつコーナー&全粥ゼリー

今回は、試食がとても多かったそうです。お土産でいただいた試食品はつい試食しそびれることもありますが、説明を聞きながら会場での試食はありがたいですね。

高齢化に伴い、柔らかい高齢者用の食事のアイテムが増えています。画像一番右は、調理済みの食材に混ぜて加熱すると、室温で固まる固形化補助食品です。つまり、温かいお粥を使えば加熱する必要がありません。

ヘルシーフードショーパンフレット パンフレットより会場レイアウト セミナー案内
ヘルシーフードショー


★セミナー「震災を経験して~震災から復興までの軌跡~」
2011年の東日本大震災を体験した、女川町地域医療センター輝望の丘の管理栄養士さんのお話しです。

女川町立病院は、1階まで津波が押し寄せ、700名以上が陸の孤島状態になったそうです。
栄養科は厨房機器が全壊、帳票類も流出してしまいました。機能を失っても患者さんをはじめ院内のスタッフに「食べさせたい」という一心で生き抜くための食事作りに専念し過酷な状況を乗り越えたそうです。
震災当日から10日間は屋外で調理のために日没までしか作業できずに1日2食。
4日目からは自衛隊の支援物資が始まった。
何をするにも水が必要で、地元水産業者から飲料タンクの提供があった。
震災12日目からは2km離れた集会所を借用し300Lの水と食料を持ち込み調理。
地域医療振興協会栄養部会より継続的な管理栄養士派遣の支援を受けた。
5月2日から、キッチンカーの使用を開始。
5月からは、入院患者・老人保険施設入所者のみ1日3食の食事提供が可能になる。
震災から7ヶ月後、10月から新厨房での調理開始。

震災から3年経過して・・・
震災により食事と運動量が低下し、高齢者は一時体重減少となったが、少しずつ体重も増加し身体レベルも安定した。
誤嚥など命にかかわる重篤な状況を回避できたのは、常に患者さんの情報把握と食事形態や介護スタッフ間での連携が活かされたと感じる。
看護・介護スタッフの「口腔ケア」により誤嚥性肺炎などのリスクが少なかった。

「食」「栄養」「仲間」の言葉で繋がるみんなの温かさに支えられて業務を継続できている。


■体験者から伝えられる言葉は重いですね。
もうすぐ「防災の日」
また来るであろう震災を、改めて考えないといけないと思いました。


■2年に1回のヘルシーフードショーなので、次回は2016年ですね。
次回はぜひ参加したいと思います。
1日の開催ではなく、せめて2日間開催していただけるとありがたいのですが・・・


◆07/24追記
mariちゃん、コメントありがとうございます。
「信じられない過酷な状況の中、皆で一致団結して食事を提供する姿、姿勢が見て取れるようで感動しました。」とありますが、私も、女川町地域医療センター輝望の丘の管理栄養士さんのお話しは、心にずっしり響きました。
震災後「口腔ケア」の重要さがクローズアップされていますね。
栄養士ができることを、多方面から、全うしなくちゃと思いました。

  1. 2014/07/22(火) 23:51:43|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。