透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これもポジティブ??85歳のフジさん

北京オリンピックが終わりました。日本と中国は時差1時間。日本時間で、真夜中や明け方のライヴはなく、オリンピック好きの私は寝不足に悩まされることなく、充分オリンピックを楽しむことができました。
大活躍の北島康介選手の実家「肉のきたじま」のメンチカツを食べました。
まさに話題の味。タイムリーに意義がある!おいしくいただきました。

透析導入して間もない、85歳のフジさんが転入して来たので、食生活の背景を伺いにベッドサイドに行きました。
フジさんは、一人暮らし。日常生活は、毎日通ってくれるヘルパーさん頼みです。
ヘルパーさんが買い物、食事準備をしてくれます。
透析のための通院もヘルパーさん頼み。今日は雨でしたので、カッパを着て車いすで病院に連れて来てもらったそうです。
フジさんはおっしゃいました。
「年をとることがこんなに辛いとは思わなかった。頭では色々考えられるのに、体が付いていかない。でも私は幸せですよ。トイレに行く回数が少ないから。」
(注:透析導入すると尿量が減り、トイレに行く回数が減ります。)

私は、言葉を失いました。
泣きそうになりました。

こんなに衝撃的な言葉はありません。さぞ辛いことをたくさん経験なさった方なのだろうと思います。フジさんとは、今日が初対面。これから、人生の先輩フジさんにたくさんのことを教えていただこうと思いました。

今夜のNHK「プロフェッショナル仕事流儀」は、科学者小池康博さん。
「逆境は不幸ではない。」とおっしゃっていました。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/26(火) 23:48:03|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"ケツメイシ冷やし中華~ちょっと透析風” & ”コンビニ冷やし中華”

ケツメイシ冷やし中華~透析バージョン

セブンイレブン冷やし中華   am/pm 冷やし中華

ケツメイシは、なにげない日常の出来事や想いをストレートに心地よいシンフォニーで歌う4人のラップ・グループです。
1999年のデビュー・シングル「こっちおいで」は、CMソングに起用されていたのでご存じの方も多いのではないでしょうか。
「あなたに冷やし中華」は、2年前に発売されたアルバムの中にある曲です。
材料・作り方がそのまま歌になっていて、聴いていると冷やし中華を作ったつもりになる楽しい曲で、今の時期にピッタリ。
透析レストランでは、オリジナルの具を1/2、スープも調整し、透析バージョンにしました。カリウム・リン・塩分が少なくなっています。

この「ケツメイシ冷やし中華~ちょっと透析風」と「コンビニ冷やし中華」を比較してみました。
写真でお分かりいただけますでしょうか。具の量は3種類ともほぼ同じで90g~100gです。
大きな差は、スープの量。「ケツメイシ冷やし中華~ちょっと透析風」は、40mlに対して「コンビニ冷やし中華」は100~110ml。

コンビニ冷やし中華のスープを1/3にすれば、充分透析食になると思います。
スープの量が少な過ぎる方は、お酢とゴマ油を足すとグーッ!ですよ。

残りのスープは捨てずに、後日、中華サラダのドレッシングとして活用できます。

市販のものも、このようにちょっと工夫するだけで、透析食になります。
まずは、栄養表示を読む癖をつけたいものだと思います。



  1. 2008/08/06(水) 20:38:04|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

♪♪♪ 夏はやっぱり冷やし中華 ♪♪♪

猛暑が続いています。

患者さんの食事記録に、必ずといっていいほど冷やし中華が登場するようになりました。
日本人は冷やし中華が好きですね。
最近は一年中冷やし中華があるようですが、冷やし中華はやはり夏がおいしい。
冷やし中華は、地方によって特色があり、山形県、福島県、東海地方では、マヨネーズをかけることが多いそうです。
呼び方も「冷やしラーメン」「ラーメンサラダ」「冷麺」など様々。
具は、ハム、焼き豚、錦糸卵、キュウリ、トマト、モヤシ、紅生姜、クラゲ、スイカが一般的ですが、珍しい具として、メロン、キャベツ、なす焼き、人参などがあるそうです。高級冷やし中華には、エビやイカなどがトッピングされています。酒蒸ししたささみをほぐしたものも、ワカメもおいしいですね。

透析レストランでご紹介してあります、「ケツメイシ冷やし中華 ~ちょっと透析風」(主食の中にあります)は、ケツメイシの「あなたに冷やし中華♪」をアレンジしたものです。透析レストランで調整後の塩分は 2.7gですが、オリジナルは5.6gです。

患者さんに、「冷やし中華のスープは塩分が多いから、半分量をかけましょう。」とお話ししたら、「エッ ! 普通のラーメンじゃないですよ。冷やし中華ですよ。塩分多いのですか?」とびっくりされていました。
普通のラーメンのスープは残せるけれど、冷やし中華の場合は、スープを全部飲む方が多いのも冷やし中華の特徴かなとも思います。

コンビニ2社の冷やし中華を調べてみました。
セブンイレブン Na 2.5g 塩分換算 6.35g
am/pm  Na 3.0g 塩分換算 7.62g
やっぱり、スープは残しましょう。他にどんな工夫が・・・?

続きは、後日ブログアップしますね。



  1. 2008/08/04(月) 23:07:55|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。