透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 「透析レストラン」の恵方巻レシピ&福豆の成分

透析レストランの恵方巻

【栄養量】
エネルギー・・・397kcal
たんぱく質・・・・7.7g
塩分・・・・・・・・・1.1g
カリウム・・・・・・185mg
食物繊維・・・・・1.6g
鉄・・・・・・・・・・・1.2mg

【材料】
米・・・・・・・・・・90g
砂糖・・・・・・・・10g(大さじ1)
酢・・・・・・・・・・18g(大さじ1強)
塩・・・・・・・・・・0.5g

きゅうり・・・・・10g
厚焼き卵・・・・10g
赤田麩・・・・・・5g
かんぴょう・・・1g
醤油・・・・・・・・2g(小さじ1/3)
砂糖・・・・・・・・1g(小さじ1/3)

焼のり・・・・・・・1枚
甘酢ガリ生姜・・5g

【作り方】
① ご飯を炊く
② きゅうりは1センチ角の棒状に切り、たっぷりの水にさらす
③ 厚焼き卵を焼き、1センチ角の棒状に切る
④ かんぴょうは戻し、醤油と砂糖で煮てから、のりの長さに切り、汁気をきる
⑤ ご飯が炊けたら、砂糖と酢・塩をよく混ぜたものをご飯に振りかけ、しゃもじで切るようによく         混ぜる

【巻く】
① 巻きすは、糸の端が出ている側を向こうにし、のりの表を下にして縦長におく
② 手に酢をつけて、すし飯を軽くまとめ、のりの中央にのせ、向こう側2?を残して平均に広げる
③ すし飯の中央に具をのせる
④ 巻きすの手前を起こし、前後の飯の端を合わせるつもりでいっきに巻く
⑤ 巻きすでもう1回巻いて形を整える
⑥ 写真のようにカットする場合は、包丁を酢で湿らし、合わせ目を下にして切る
  手前にひと引きし、はずみをつけ、向こうへひと押しすると切りやすい

【ポイント】
2月3日は節分
1月18日のスタッフ日記で検証した結果、コンビニの恵方巻の塩分が多いのが分かりました
「透析レストラン恵方巻」は、コンビニレギュラーサイズとエネルギーは同じ、塩分は約1/3
手作りだと塩分の調整ができますね。



2007年2月1日 スタッフ日記の再掲になりますが・・・「福豆の成分」です

福豆 40粒            福豆 60粒
左は、40粒(12g) エネルギー67 kcal たんぱく質5.6g カリウム304mg リン93mg
右は、60粒(18g) エネルギー100 kcal たんぱく質8.5g カリウム456mg リン139mg

透析室のスタッフがうまいことを言っていました
「お孫さんの年の数だけ豆を食べてね!」 座布団1枚!

スポンサーサイト
  1. 2009/01/29(木) 22:17:38|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 節分 ~コンビニの恵方巻き~

「福を巻き込む」ことから来ている恵方巻きは、関西の伝統行事でしたが、最近は関東でも定番となってきました。
その年の恵方(今年は東北東)を向いて、願いを込めながら、無言で一気に丸かぶりすると、福を呼び込むと言われています。

コンビニの恵方巻 ミニサイズ 二つ切り レギュラーサイズ 三つ切り


コンビニ各社では、さまざまな工夫をこらした恵方巻きを販売しています。
一足早く、セブンイレブンの恵方巻きを買って来ました。

ミニサイズ 158g ミニサイズの栄養成分
ミニサイズ 8.5cm×幅約4.5cm
262kcal 蛋白質7.0g Na770mg → 塩分換算2.0g

レギュラーサイズ226g レギュラーサイズの栄養成分
レギュラーサイズ 13cm×幅約4.5cm
397kcal 蛋白質10.2g Na1.2g → 塩分換算3.0g

透析を受けていらっしゃる方は、塩分1日6g未満がベストですが、ミニサイズ恵方巻1本を丸かぶりしただけで塩分1食分ですね。
コメント難しいです。普通に丸かぶりする方が多いのではないでしょうか。
前後の食事の塩分は、控え目に・・・

  1. 2009/01/18(日) 19:30:39|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第12回日本病態栄養学会に行って来ました

第12回日本病態栄養学会

2009年1月10日(土)・11日(日)、国立京都国際会館で開催された、日本病態栄養学会に行って来ました。
今回のメインテーマは、「病態栄養学の新たな挑戦―専門性の向上をめざして」です。
両日で約3500名の、医師・栄養士が全国から参加しました。

国立京都国際会館からの風景

興味を持って聞いた口演をご紹介します。

「ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害」についての研究です。

慢性腎不全患者における高リン血症は、心血管の発症・進展や死亡率と密接に関与していて、動脈硬化を引き起こすとされてきました。
血清リン濃度の増加が、血管内皮細胞にも影響し心血管の発症リスクになると考えられ、ラットでそれは証明されていましたが、今回は健常者で検討しています。

「血管内皮機能」を知るのにFMD検査というものがあります。
FMDはFlow Mediated Dilationの略で日本語では血流依存性血管拡張反応検査と言い、カフで腕を締めその後の血管拡張を超音波で診る検査です。
正常な内皮細胞は、カフを緩めた後に血管拡張物質である一酸化窒素(NO)を放出します。
このNOがどれだけ放出されたかは、どれだけ血管が拡張したかを見ることにより分かります。
血管拡張が少ない場合は、内皮機能が衰えているという訳です。

11名の健常者に、コントロール食(リン400mg/食)と高リン食(リン1200mg/食)を各々摂取させ、食事前と食事2時間後にFMD測定の結果、食事性高リン負荷による血清リン濃度増加が、健常者においても血管内皮機能障害を引き起こすことが示されました。

簡単にいえば、健康な人も高リン食を食べると、動脈硬化を引き起こします。ということです。高リン食=高蛋白食ですから、蛋白質とり過ぎ注意ですね。

10日のお弁当 11日のお弁当

ランチョンセミナーで、京都らしいお弁当を頂きました
10日は、711kcal。11日は726kcal。
お弁当は、少しずつおかずが何種類も入っているため、ちょっと蛋白質オーバーだったかしら?
  1. 2009/01/12(月) 21:42:02|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。