透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お彼岸の旅立ち

2008/12/16 透析レストランスタッフ日記「ポジティブフジさん86歳お誕生日!」で書いた、フジさんのことを、私の日記より抜粋します。(2009年1月5日)

【最近声をかけても眠っていることが多かったフジさんが、今日は目をぱっちり開けていたので、しばらくフジさんと話す。
「何十年も疎遠になっていた息子一家が、遠方からお見舞いに来てくれ、初めて孫に会いました。男の子は優しいですね。」
時折、涙を浮かべながら、こう話してくださった。
「夕べ、あっちの世界へ行くのかと思ったけれど、車が一杯で乗れませんでした。本当にお世話になりました。先生、お元気で。」
旅立ち前の患者さんと、こんなにもしっかりお別れをしたのは、初めてだった。
いつもなら、頑張ってね。お別れなんて言わないで。と言うのだけれど・・・
何も言えずに、私は、フジさんの手を握っただけだった。
フジさんに、また明日会えますように】

フジさんは、その後何度も峠を越えました。あまりの生きる意欲の強さに、スタッフは敬意を表しました。

ほとんど食べられなくなったフジさんは、3月中旬、透析離脱しました。
(悲しいけれども、こんな透析離脱を最近は何例か経験します。)

3月20日、私は、フジさんに会いに行きました。
傾眠状態のフジさんに声をかけると、うっすらと目を開け「アリガトウ・・・」はっきりフジさんは微笑みながら私にこう言いました。

休暇の私にフジさんの訃報が届いたのは22日でした。

波乱万丈、辛い人生をすごしたフジさん。
身延山で修行をしたけれど、その修業よりも透析の方が辛い。と、おっしゃっていたフジさん。

ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 00:21:25|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新発売ホスレノールチュアブル錠とラムネ

3月11日から、炭酸ランタン水和物(商品名:ホスレノールチチュアブル錠)が発売されました。

                    ホスレノールチュアブル錠

沈降炭酸カルシウム(商品名:カルタン)、塩酸セベラマー(商品名:フォスブロック、レナジェル)に続き、3剤目の高リン血症治療剤です。
沈降炭酸カルシウムは血清カルシウム濃度の上昇がみられ、塩酸セベラマーは便秘が問題となっていました。
ホスレノールは、非アルミニウム、非カルシウム性で、水の服用を必要としません。腸管内で食事性のリンと結合してリン酸ランタンを形成し、糞便中へ排泄されます。

ホスレノールを実際に噛み砕いてみました。
     手前:ホスレノール 奥:ラムネ      ラムネ
   手前がホスレノールで、奥がラムネです

この薬は、食事の直後に口の中で細かく噛み砕くことにより効果が発揮されるそうです。噛んだ感じは甘みを抑えたラムネそのものでした。
食事の直後の服用が、一番副作用が少ないそうです。
副作用は23.0%に認められ、主なものは、悪心と嘔吐、便秘だそうです。
透析を受けている方は、薬の種類や量が多く、その管理がうまくできない方は、薬局が服用時ごとにまとめて袋に入れてくれていると思います。ホスレノールは、この一包化ができないそうです。飲む薬ではなく噛む薬だからです。はたして、2袋になった薬を飲み忘れることはないかちょっと心配ではあります。
また、ホスレノールは、残念ながら、血中リンの排泄を促進する薬剤ではないため、リンを自由にとってはいいわけではありません。

透析スタッフは、充分に薬の説明をしてお渡しすることが大切ですね。

私の勤務する病院では、10名がホスレノールを開始しました。来週の血液検査に期待しています。


  1. 2009/03/21(土) 00:29:01|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2009 野菜ジュースの成分

野菜ジュース信仰は、相変わらず根強いようで、次々と新商品が発売されています。
2007年4月17日の「透析レストランスタッフ日記」に、野菜ジュースのことを書きましたが、今回紹介する野菜ジュースは、2007年の野菜ジュースよりカリウムが多いです。

3種類の野菜ジュース

しっかり摂れる濃い野菜    1日分の野菜    野菜一日これ一本

3本(200ml)のカリウムは、それぞれ850 mg ・830 mg・ 860 mgと横並びです。
カリウムは1食あたり500 mg ~600 mgが適量なので、野菜ジュースのカリウムはとても多いことがおわかりだと思います。

エピソードをいくつかご紹介します。
「生野菜はカリウムが多くてあまり食べられないから、代わりに野菜ジュースを飲むようにしています。」
「生野菜を水さらししても実際にどの程度カリウムが減るか分からないと前回の栄養相談でお聞きしたので、胡瓜もレタスも全部茹でています。」
「エッ!干し柿はカリウムが多いのですか?カリウムの一覧表には載っていなかったから大丈夫だと思って食べちゃいました。」

カリウムを理解するのは難しいですね。

野菜ジュースの栄養成分の中で気になったのは、「しっかり摂れる濃い野菜」のエネルギーが、44~119kcalとなっていることです。問い合わせしたところ、外部機関に成分の実測を依頼した結果を検討して、昨年6月の発売からエネルギー表示に幅を持たせたそうです。
野菜や果物は、産地、季節によって成分はかなり異なるのですが、44 kcal のつもりで一気に飲んだ野菜ジュースが119kcalもあったら・・・びっくり!!・・・糖尿病の患者さんは、血糖値上がっちゃいますね。

意外と知られていないのは、野菜ジュースは食物繊維が少ないことです。
3本(200ml)の食物繊維は、それぞれ1.2~2.4 g ・0.6~3.0g・ 2.1gです。
1本飲めば、食物繊維も1日分とれるイメージありませんか?
食物繊維は、成人で1日20g位とりたいところです。
野菜ジュースに頼れないのがお分かりだと思います。
こんにゃく・筍・ごぼうの煮付けや、ほうれん草ごま和えなど食物繊維を多く含むお料理は、小さい小鉢で、2~3g程度の食物繊維をとれます。
便秘対策に、しっかりカリウムの処理をして、食物繊維の多い食材を取り入れてください。


  1. 2009/03/17(火) 22:54:27|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。