透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第52回日本糖尿病学会 @大阪 ~糖尿病劇場~

ホテルラウンジ

今回の学会は,「ポストゲノム時代に進化する糖尿病臨床」をテーマとし,特別講演5題,シンポジウム12テーマ,コントラバーシー2テーマ,ワークショップ4テーマ,他学会とのジョイントシンポジウム4テーマ.さらに,教育講演18テーマ,そして糖尿病劇場など盛りだくさんでした.最近は,どの学会もジョイントが多いですね.

5月24日(日)糖尿病学会で名物になりつつある?糖尿病劇場を観てきました.

患者面接 ~そのときあなたは~

「インスリン自己注射拒否している患者さんの場合」
退院に向けて看護師からインスリン自己注射指導を受けることになるが,患者さんは,自分で注射をする気はなく,指導する看護師に対して怒りを顕にします.

「最近データが悪化した1型糖尿病患者さんの場合」
退院後,6カ月後にはHbA1cが12%から毎月改善し6%となっていたのに,7カ月後から悪化し始め,最近は8.5%となっていたなかなか心を開いてくださらない1型の患者さん.何を聞いてもそっけなく・・・

これらの困難症例についてのロールプレイです.
本物の役者さんから,医療スタッフの役者さんまで,みなさん大熱演.会場からは,爆笑あり苦笑あり.あっという間の1時間半でした.もっと時間があっても良かったなあと感じたのは私だけではなかったと思います.

最後に,ファシリテーターの先生のまとめに納得.
統制的な指導(~しなさい,~しなければならない)をすると,納得している場合は統合できるが,そうでないと,表面的に反対したり,表面的には従っても心情的に反対したりする場合があるそうです.
例えば,心情的に反対とは,こっそりインスリンを打たなかったり,わざと血糖測定をしなかったりすることだそうです.
統制的な指導はできればしないほうが良いとのお話でした.

患者さんの気持ちに寄り添うことは難しいですね.
私は,日ごろの患者さんとの会話を思い返し,反省するよい機会になりました.

スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 22:41:07|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第52回日本糖尿病学会@大阪 ホテルのバイキング朝食 透析バージョン 和風と洋風

第52回日本糖尿病学会@大阪

新型インフルエンザ(H1N1 A型)が拡大する中、開催さえ危ぶまれていた第52回日本糖尿病学会ですが、無事執り行なわれ、平成21年5月21日~24日、大阪へ行ってきました。

参加者は、マスクをすることが義務付けられ、演題取り下げ施設がプリントされ配布、代理演者が目立ち、かつてない経験でした。

話題盛りだくさん、貴重な情報を得てきましたが、これらは、いずれまた。

今回は宿泊したホテルのバイキング朝食をご紹介します。
2009/03/15の透析レストランスタッフ日記「第28回食事療法学会 @水戸へ行ってきました~バイキング朝食で何を選びますか?~」第2弾です。

        透析バージョン 和風     透析バージョン 洋風
                初めから透析用にチョイスしました

左は和風で、ご飯・みそ汁半分・出し巻き卵・小松菜と油揚げの煮浸し・筍煮付け・生野菜サラダ~豆をトッピング~・フルーツ(グレープフルーツとパイナップル)

右の洋風は、クロワッサンとロールパン ~ジャムとバターをつけて~ ・スクランブルエッグ・スパゲッティサラダと生野菜サラダ~海草をトッピング~・もやしソテー・ヨーグルト~フルーツ缶トッピング~・紅茶


         バイキング ご飯とみそ汁    バイキング パン
             ご飯とみそ汁コーナー         パンコーナー

         バイキング おかず     バイキング おかず
 (左)おかずコーナー さすが大阪!たこやきもありました
                             (右)おかずコーナー 手前は3種類の漬物

 バイキング サラダバー  バイキング ヨーグルトとフルーツ  バイキング ドリンクバー
       サラダバー        ヨーグルトとフルーツコーナー       ドリンクバー 

盛りだくさんの中から、上の2パターンのメニューにしたのですが、詳細は、後日ブログアップしますね。
  1. 2009/05/27(水) 23:19:03|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

病態栄養学会教育セミナーのお弁当と3・1・2弁当箱法 

2009/5/10 日本病態栄養学会の教育セミナーに参加しました。
都市センターに1日缶詰になり、全病態の栄養について学習、症例検討をしました。

症例として書いてはいけない事項は、

① 患者のプライバシーに関していて、しかも医療に不必要な事項
② 患者に対する個人的な感情
③ チームを組んでいる他の医療従事者についての個人的感情・トラブル・非難中傷

このような内容は、症例として書かないのはもちろんですが、こうして、ブログを書くにあたっても当てはまるのでないでしょうか?気をつけたいと思いました。

ホッと一息、お昼のお弁当です。

                    教育セミナーのお弁当

このお弁当は、ご飯が少ない割におかずが多いですね。
栄養表示はありませんでしたが、たんぱく質・塩分が多めです。
でも、1つ1つのおかずは少ないため、あっという間に全部食べてしまいます。
透析を受けている方の場合、このようなお弁当の時は、漬物は残し、たんぱく質の多い、卵焼き・焼き魚・かまぼこ・ジャコ・飛竜頭(煮物の中のがんもどきの様なもの)・えび天ぷらのどれかを残すことをお勧めします。

「3・1・2弁当箱法」を、ご紹介します。

3・1・2弁当箱法①   3・1・2弁当箱法②   3・1・2弁当箱法③

昨年9月に国際栄養士会議の展示ブースで撮った画像です。アングルが悪くてすみません。

「3・1・2弁当箱法」は、自分の体格や活動量に合った弁当箱を選び、主食3・主菜1・副菜2の割合に詰めると、弁当箱の容量とエネルギー量が等しくなり、(600ml=600kcal、700ml=700kcal)適量で栄養バランスのとれたおいしい1食を簡単に知ることができるという考え方です。
料理が動かないようにしっかり詰め、同じ料理法を重ねないことがポイントになります。

この弁当箱法は、さらに、ポイントとして、副菜のカリウムを考慮すれば、透析をうけている方にも充分適応します。
リンが高くてお悩みの方は、この方法にすると確実に下がると思います。
一度お試しになってください。


  1. 2009/05/16(土) 23:17:11|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。