透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

防災月間2013 糖尿病透析患者さんの災害時心得

防災月間①


9月は防災月間ですね。
今までは、透析患者さんの災害時心得を書いてきましたが、原疾患が糖尿病の患者さんが増加していますので、今回は、糖尿病透析患者さんの災害時心得について書きたいと思います。

非糖尿病の透析患者さんと糖尿病透析患者さんの違いは、糖尿病患者さんの場合は血糖管理にも考慮しなくてはいけない点です。
以下の4つの期間に分けて、血糖管理に関することを中心に考えてみたいと思います。
[災害が起こる前][災害時から3日間][災害から4日から1週間][災害から1週間以上~1ヶ月]

[災害が起こる前]
自分の治療情報をまとめておく時期です。
非常持ち出し袋に入れる物として、飲み薬1週間分、インスリン各1本、お薬手帳、糖尿病手帳の写し、自己血糖測定ノートの写し、低血糖対策のブドウ糖などがあるといいですね。
全部用意するのは無理かもしれません。必要最小限しか手元にないということも考えられます。予備に関しては医師に相談しておくといいですよ。

普段から心がけておくことは、飲み薬の名前を覚える。インスリン注射の名前を覚える。普段の血糖値を知っておく。などです。災害時の避難所では、糖尿病に精通している医師がいるとは限りません。「あの青いインスリンと、オレンジのインスリン」では分かりませんよね。正式名称を覚え、メモを携えることが必要です。

[災害時から3日間]
生きのびるために食べなければいけません。でも、毒素を貯めないように保存期に準じてたんぱく質は少なく、塩分も控える必要がありますし、カリウムのことも考えなければなりません。
配給されたものは何でも食べたいところですが、100%の透析が保障されずに不安な時です。配給されたものでもこれらを充分考えて食べる必要があります。血糖値が上がりそうな食品だったら、時間をかけてゆっくり食べる!これだけでも血糖調整ができますよ。

インスリンを打っている方、消毒綿がなくてもインスリンを打つことは可能ですよ。ただし、可能な限り手を洗う、拭くなどしましょう。
糖尿病の飲み薬は、食事がとれない時に規定量を飲むと低血糖を起こす可能性がありますから注意が必要です。
1型の糖尿病透析患者さんは、何らかの方法でインスリンを打たなければなりません。その場合は、種類に関係なく対応しましょう。持効型インスリンがあれば生きていけます。


[災害から4日~1週間]
毒素を貯めないように保存期に準じてたんぱく質は少なく、塩分も控える必要がありますし、カリウムのことも考えなければならないことは、[災害時から3日間]と共通です。
配給される食品は、保存性を考慮して塩分が高めのものが多いですが、できる限り減塩を実践しましょう。カップ麺は汁を残したいところですが、東日本大震災で下水道が復旧していない避難所では残り汁は捨てられなかったそうです。別添のスープを加えるカップ麺だったらそのスープは使わないことをお勧めします。もし、別添のスープが無くて麺に味が付いているカップ麺だったら、規定量のお湯は入れないようにしましょう。かなり塩辛くはなりますが、規定量のお湯の入ったスープを飲み干すのはもっと辛いです。

災害から4日~1週間経っているので、1回~3回透析をしていると思います。
医療機関に、身体状況をきちんと説明し、低血糖や高血糖対策をしましょう。
感染予防が大切です。手洗い・うがい・歯磨き・義歯洗浄・マスクなど可能な限り実践して感染を防ぎましょう。


[災害から1週間以上~1ヶ月]
できるだけ普段の生活を取り戻す1ヶ月です。
食事は、なるべくバランスを考慮しましょう。
まだまだ余裕はないかもしれませんが、糖尿病の患者さんの足の傷はその先の人生に大きな影響を及ぼします。透析を受けている施設でケアしてもらうことが必要です。


自分のことは自分で守る!!
この気持ちが大切ですね。


防災月間②


今回は、NPO法人西東京臨床糖尿病研究会 糖尿病災害対策委員会が制作した「糖尿病災害時サバイバルマニュアル」を参考にさせていただきました。


スポンサーサイト
  1. 2013/09/24(火) 22:05:15|
  2. 災害・非常食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。