透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第59回日本透析医学会@神戸へ行ってきました~わが国の慢性透析療法の現況2013年12月31日現在①~

第59回日本透析医学会@神戸
第59回日本透析医学会@神戸


2014年6月13日(金)~15日(日)の3日間、第59回日本透析医学会@神戸が、神戸ポートピアホテル、神戸コンベンションセンター(国際会議場・展示場)、クオリティホテル神戸、ワールド記念ホールで開催されました。

 
会場案内 フォトコンテスト ワールド記念ホール
フォトコンテスト&ワールド記念ホール


いつもアップが遅い遅い、と反省していますが、今年の透析医学会は、第57回糖尿病学会@大阪開催後3週間しかなかったので何かと準備に忙しく、糖尿病学会のことを透析レストランで1回しか書いていないまま神戸へ行ってきました。色々なことが後手後手に回って、神戸のホテルが予約できず、またもや大阪に宿泊しました。ああ、神戸に泊まりたかった。。。大反省!

これから、徐々に糖尿病学会のことと透析医学会のことを書きます。
5月・6月の学会が入り乱れてしまいますが、今年の記録として残したいと思います。

“わが国の慢性透析療法の現況”は、学会場の統計調査資料閲覧室で読んだり、会員施設に送付されたものを読んだり、学会参加したスタッフからメールをもらったりと、毎年現況の内容をなるべく早く知ろうとしていますが、今年は、学会費の支払いと引き換えに個人個人に渡される大きなコングレスバッグにピックアップ版が入っていました。。。大感激!

では、そのピックアップ版よりお届けします。


■わが国の慢性透析療法の要約
今回の調査で回答された施設は4,264施設で、前年度と比べ26施設(0.6%)増加しました。ベッドサイドコンソールは128,016台で3,013台の増加、同時透析可能人数は126,145人、最大収容能力は421,755人で、それぞれ2012年末と比較して、2.4%、2.3%、1.8%の増加でした。

透析スケジュール別にみると、昼間透析の割合は83.7%で0.4%の増加、夜間透析は13.2%で0.3%減少在宅血液透析患者は461人であり、68人増加しました。一方、腹膜透析(PD)患者数は9,245人で、269人減少し、全透析患者数に占める割合も2.9%と0.2%減少しました。
20年以上の透析患者数は24,115人で前年度と比べ793人増加し、全透析患者の中の割合で7.9%と漸増しています。
35年以上の透析歴を持つ患者は2,241人で全患者の0.7%を占めていました。
最長透析歴は45年7 ヶ月です。


■慢性透析患者数の推移
2011年末に初めて30万人を超えたわが国の慢性透析患者数は2013年末には314,180人となりました。この数は、前年より4,173人の増加です。2005年ころまで年間約1万人ずつ増加していましたが、近年慢性透析患者数の増加が鈍ってきていて、2013年中の患者数の増加は、前年度の増加5,151人をさらに下回りました。


■慢性透析治療の形態と割合
2013年末における慢性透析患者の治療形態は昼間血液透析が263,109人( 83.7%)、夜間血液透析は41,365人(13.2%)で2012年末に比較して、それぞれ0.4ポイントの増加、0.3ポイントの減少でした。近年、夜間透析患者の割合が減少しています。
在宅血液透析の増加は慢性透析患者数に比べその増加のペースが速く、在宅血液透析が10人以上実施されているのは10都府県でした。従来同様、大都市近郊に多く、分布には地域差があります。腹膜透析患者数は9,245人(2.9%)であり前年度より269人減少し、割合も0.2ポイント減少しました。


北野異人館④ 北野異人館⑤ 北野異人館⑥
北野異人館

透析レストラン 2014/06/10 もうすぐ第59回日本透析医学会@神戸が開催されます~考える透析~

この記事で画像を載せた北野異人館にまた行きました。2005年以来です。
画像を見比べると分かりますが、9年の月日を感じます。
急な石段が多く、歩くのが大変でした。こんなに急だったかしら?ここでも9年の歳月を感じました。今ではバリアフリーが浸透してきていますが、この時代はバリアフリーが必要なほど長生きできなかったということでしょうか。

では、また・・・


スポンサーサイト
  1. 2014/06/25(水) 23:13:31|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ第59回日本透析医学会@神戸が開催されます~考える透析~

第59回日本透析医学会@神戸抄録
第59回日本透析医学会@神戸抄録

2014年6月13日(金)~15日(日)の3日間、第59回日本透析医学会@神戸が開催されます。会場は、神戸ポートピアホテル、神戸コンベンションセンター(国際会議場・展示場)が中心で、
会長は、大阪大学大学院医学系研究科 腎疾患統合医療学 寄附講座教授の椿原美治先生です。


2005年北野異人館①. 2005年北野異人館②. 2005年北野異人館③
北野異人館

神戸、懐かしいです。この画像は、何年か前に透析医学会が神戸で開催され、私は留守番組だった時に使ったと思います。
これらは、2005年に、第48回日本糖尿病学会が神戸で開催された時に撮ったものです。


例によって、学会長の挨拶より引用させていただきます。

【私が医師となり、透析医療に従事し40年の間に、様々な革新的進化を遂げ、最長透析歴が40年以上に達する現在では、早、透析療法は完成の域に達したと見ることも可能かも知れません。
またこの様に進化した治療を標準化するガイドラインや指針などが策定され、改変が繰り返されてきました。
しかし一方で、一般人口を上回る早さで進行する患者の高齢化、原疾患の多様化、長期透析患者の増加、など透析患者の多様化が著しく、生命予後を最大のアウトカムとして策定されたガイドラインや指針のみでは対応の困難な事例が増加し、従事者を悩ませている現状にあります。
この様な現状を踏まえ“透析療法を再考する”との観点から、今回のテーマをポスターのごとく「考える透析」とさせていただきました。わが国の透析療法が欧米より優れている第一の理由は、従事者が安易なマニュアルなどに流されず、透析患者を最も真摯に診て、“治療を考える姿”に有ると信じています。
この姿を維持し、あるいは取り戻す事が、今後の透析医療の発展に寄与する最大のテーマと考えます。
“考える拠り所”の1つに日本透析医学会が毎年行う統計調査のデータや、これを基にした解析結果があります。私は現在統計調査委員長の任にも有りますが、従事者全員に本調査の意義について考える企画を練っています。】

約3500題の一般演題で、23の講演会場と4つのポスター会場が設けられています。
コンセプトは、“お・も・て・な・し”だそうです。
会期中、フォトコンテストの企画もあるそうです。
楽しみです。
また、スマホでもダウンロード可能な抄録アプリを事前に公開します。


私は、透析レストランスタッフと友達の発表を聴き、「超高齢者医療」「最近のリンの考え方と薬」について学んでこようと思っています。

今回は、ワールド記念ホールを、災害テーマ館とし、災害と透析セミナー・災害と透析ワークショップ・機器展示・医療用食品展示・薬品展示があります。こちらでも勉強してきます。



2005年神戸のホテルのモーニング① 2005年神戸のホテルのモーニング② チーズ盛り合わせ
2005年神戸のホテルのモーニング

2005年の糖尿病学会で宿泊したホテルのモーニングです。
まさか9年後に自分で公開するなんてこれっぽっちも思わずに、盛り付けて撮っています。それにしても撮り方下手過ぎです。透析バージョンに盛り付けしていませんから念のため。でも、汁は半分だし、漬物はついていないし、減塩にはなっているようですね。


2005年第48回日本糖尿学会@神戸初日のランチョン 2005年第48回日本糖尿学会@神戸2日目のランチョン スモークサーモン
005年糖尿病学会のランチョンのお弁当

今のランチョンのお弁当と全然違いますね。撮り方下手だけど、慣れないカメラを手にして必死で格闘している9年前の自分がいます。


北野異人館の喫茶店でランチ ランチのコーヒー 第59回日本透析医学会@神戸のポスター
北野異人館の喫茶店でランチ


北野異人館を歩き廻って、昼食に喫茶店に入りました。
コーヒーの香りが店内中に漂っていて、もう昼食には遅い時間なので人もあまりいなくて、ゆっくりとパンを味わったのを思い出しました。


では、神戸行ってきます・・・・


過去記事
透析レストラン 2010/06/16 第55回日本透析医学会@神戸が開催されます
透析レストラン 2010/07/11 わが国の慢性透析療法の現況 2009年12月31日現在 ~導入原疾患糖尿病性腎症増加~
透析レストラン 2010/07/19 わが国の慢性透析療法の現況 2009年12月31日現在 ~認知症の実態調査~


  1. 2014/06/10(火) 23:40:56|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第57回日本糖尿病学会@大阪が開催されました~ ホテルのモーニング透析バージョン~

第57回日本糖尿病学会@大阪
第57回日本糖尿病学会@大阪

2014年5月22日(木)~24日(土)の3日間、第57回日本糖尿病学会@大阪が開催されました。会場は、大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル、ホテルNCBです。
私は、23日と24日に参加しました。
今回の学会も大盛況で、約14000名の参加があったそうです。

育休中にも関わらず研究発表した後輩は、急いで帰らなくてはならないため、リーガロイヤルホテル内で慰労会^^出産後、長時間家を離れたのは初めてだとか・・・ママの発表は堂々としていましたよ。
もう一人の後輩は、学会最終日のラストのセッションで発表。最終にもかかわらず、会場はCGMに関するトピックスは逃したくないとばかりに、熱心な聴衆が大勢いました。彼女とも大阪駅ビルで慰労会^^
その他、30人も集まった職場の打ち上げがあったり、普段はなかなか会えない知り合いと立ち話やお茶したり、秋田の友達と会ったり、みんなとたくさん情報交換ができ、実り多い学会となりました^^

大阪府立国際会議場 案内所 会場内
糖尿病学会会場内


さて、透析レストランで糖尿病学会最初の報告は、ホテルのモーニングです。
ホテルにチェックインするとき、「あらっ、このホテル泊まったことある。」と気付きました。
予約した時点でスルーしていたとは・・・

ロビーに入ると、何年か前のホテルの情景と共に様々なことを思い出しました。
このロビーを撮った画像は、「糖尿病劇場」について書いた記事で使ったこと。
あの時の糖尿病学会は、マスクが義務付けられていたこと。
このホテルのモーニングは、私が透析バージョンにして盛り付けした最初だったこと。

翌日のモーニングを楽しみにして床に就きました。

洋風モーニング 和風モーニング大阪バージョン ホテルラウンジ
2014のモーニング、洋風と和風バージョンとラウンジ

モーニング画像は、5年前よりササッと撮ることができましたが、ちょっと雑だったのと修正がうまくできずに反省です。ラウンジは、常に宿泊客がいたため、思い通りの構図にはなっていませんが、レンズの向こうでは5年前を懐かしんでいる私がいますよ。

★1泊目 透析食洋風バージョン
主食としてチョイスしたのは、エッグベネディクト。
最近流行っているお洒落なパンの食べ方で、イングリッシュ・マフィンをトーストして、ハムやベーコンエッグ、サーモン、ポーチドエッグなどをのせ、オランデーソースをかけていただきます。
私は、片方にはハムエッグとオランデーソース、もう片方にはハムとレタスとオランデーソースをかけていただきました。
卵を1個載せているので、これで主菜も兼ねます。
副菜としてチョイスしたのは、サラダです。レタス、スライスオニオン、胡瓜、ワカメ、おなじみのサラダ食材ですが、今回はこんにゃくと茄子も盛り付けました。この茄子は“佐土原なす”
で、宮崎県特産の柔らかくて甘いなすです。
後は、デザートとして、ぶどうとオレンジ。
飲み物はコーヒーです。

ソースや調味料はできるだけ少なくして塩分量を調整し、多すぎない主菜量でたんぱく質やリンの調整をしてあります。
以前と比べて最近は野菜量を増やして盛り付けしてあります。
大量調理の食材は、たっぷり水さらししてあるので、多分この位は大丈夫ですよ。

★2泊目 透析食和風バージョン
今回は、珍しい御当地物の食を盛り付けしました。
主食はご飯。
そして、具だくさんのみそ汁。
大皿に主菜を盛合せるのではなく、小鉢を4つチョイスして、主菜と副菜にしました。
左から、たこやき、あかてん、牛すじ煮込み、冷や奴、サラダです。

透析バージョンにする工夫は、みそ汁は具だけいただきます。
これは、いつも透析レストランで書いていることです。具だくさんにすると、箸に具が引っかかり上手に食べることができますが、具が少ないみそ汁はつい汁を飲みたくなります。汁は、具のカリウムがたくさん溶け出していますから、カリウム調整のためにも飲まないことをお勧めします。
そして、塩分調整のために、たこやきのソースはなし。冷や奴にしょう油はかけませんでしたが、おいしくいただけましたよ。
あかてんは、スケソウタラを原料に、唐辛子の辛さをピリッと効かせた赤色の特徴のある練りもので、島根県の御当地物です。
あとは、大阪名物牛すじ煮込み。サラダは2泊目も佐土原なすをチョイスしました。


★2009年 第52回日本糖尿病学会に参加したときのモーニング再掲です
2009 同じホテルの洋風バージョン 2009 同じホテルの和風バージョン 2009 ホテルのラウンジ
2009年、同じホテルの洋風&和風モーニングとラウンジ



ロイヤルホストのエッグベネディクト
ファミレスのエッグベネディクト

先日、ファミレスでいただいたエッグベネディクトです。私が盛り合わせた物より、オランデーソースもドレッシングもたっぷりな分塩分も多いですよ。ソースの下のポーチドエッグはトロリとしていておいしかったです^^


■過去記事
透析レストラン 2009/05/27 第52回日本糖尿病学会@大阪 ~糖尿病劇場~
透析レストラン 2009/05/30 第52回日本糖尿病学会@大阪 ホテルのバイキング朝食透析バージョン和風と洋風
透析レストラン 2009/06/02 第52回日本糖尿病学会 ~ランチョンお弁当~
透析レストラン 2009/06/28 バイキング朝食の楽しみ方 ~透析バージョンのコツ~


     
  1. 2014/06/04(水) 22:34:43|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。