透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリーズ「もうすぐ透析導入のイチさん」が、透析導入しました

透析レストランで何回か書いてきました「イチさん」が、今年に入ってから透析導入しました。

イチさん

私は、腎臓病保存期の外来でフォローしてきた患者さんが透析に導入した初日は必ず透析室に顔を出すようにしています。
未知の世界だった透析室に患者さんが足を踏み入れると、そこには透析ベッドがずらりと並んでいて、パジャマを着た患者さんが横たわっています。そして知らないスタッフも大勢います。誰だって不安でいっぱい、緊張MAXです。そんな時、透析前からの顔見知りスタッフを見つけると、ホッとした表情をします。

イチさんの透析導入初日もベッドサイド訪問をしました。
「イチさん、こんにちは。これからは透析室でお会いすることになりますね。初回の感想はどうですか?」「うん、予想していた程痛くもないし、まあ、普通だよ。」「ああ、良かった。今日は看護師さんたちからの説明などがありますから、私はまた改めて食事の話をしに来ますね。」

■イチさんは、昨年(2014年)12月の診察で、今年からの透析導入が決まりました。この時のデータは、尿素窒素50.2mg/dl、クレアチニン 7.9 mg/dl、尿蛋白1+、eGFRは6.8、血圧116/62、HbA1c 6.0%です。
この日も診察後にイチさんは栄養相談室を訪れてくれました。
「イチさん、いよいよ導入が決まりましたね。産業医の先生が心配してくれて職場に働きかけてくれていたから、職場の理解は得られていて良かったですね。それと、夜間の透析ベッドに空きがあって良かったですね。」「仕事が終わってから透析に来られるからホッとしたけど、色んなことがまだ分からないよ。」

■こんな調子で会話は続きます。
たんぱく質の量を抑えるためにずっと我慢していたけれど、透析導入後にイチさんが食べたい物は、「鶏のから揚げ」「ビーフステーキ」「吉野家の牛丼」だそうです。
「これで、こんにゃくのから揚げともおさらばだなあ。」
イチさんの「こんにゃくのから揚げ」とは、冷凍したこんにゃくを解凍し、一口大にちぎってギュッと水気を絞ってから、から揚げにするもので、食感が肉のようでお気に入りだそうです。「ギュッと絞ることがポイントだよ。」だそうですよ。

■後日私は、透析を数回経験したイチさんのベッドサイドへ訪問しました。
「イチさん、こんばんは。調子はどうですか?」「劇的な変化はないけど、朝起きる時が以前より楽だよ。」「導入前に食べたいと言っていたものは食べましたか?」「いや、たんぱく質の多い物はずっと食べていなかったから、そうそう食べられないよ。ボチボチ食べるよ。」「低たんぱくご飯はあとどの位残っていますか?」「あと1ヵ月分あるよ。」「じゃあ、それを食べ切ったら、普通のご飯に戻しても大丈夫ですよ。」「エッ!いいの?」「はい、導入前よりたんぱく質は多くとれますからいいんですよ。」
導入後の食事療法に関しては、諸説ありますが、私は、こう説明しています。


まだまだ、透析導入したばかりのイチさん、これからもいろんなことがあるでしょうが、乗り切っていただきたいと思います。糖尿病の管理もネ^^


★今さらですが、2014年の世界糖尿病デー(11月14日)の前後1週間に、啓蒙ポスターを貼った山手線が1日1両走り続けていました。私はそれを見たくて、仕事が終わってからホームで待機して撮った画像です。いやあ、寒かった寒かった!

世界糖尿病デーキャンペーンの山手線
世界糖尿病デーキャンペーンの山手線


過去記事
①もうすぐ透析導入のイチさんの奮闘 2013/04/22→ こちら
②続もうすぐ透析導入のイチさんの奮闘 2013/05/01→ こちら
③続〃もうすぐ透析導入のイチさんの奮闘 ~再就職おめでとう~ 2013/05/16→ こちら
④もうすぐ透析導入のイチさんの奮闘 ~2013年最後の受診~ 2013/12/30 → こちら
⑤もうすぐ透析導入のイチさんの奮闘 ~2014年夏の受診~ シリーズ⑤2014/07/26 →こちら


スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 22:54:08|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は第52回日本糖尿病学会関東甲信越地方会@横浜が開催されます

第52回糖尿病学会関東甲信越地方会
第52回日本糖尿病学会関東甲信越地方会@横浜


平成27年1月24日(土)に、第52回日本糖尿病学会関東甲信越地方会@横浜が開催されます。
今回エントリーされた演題は261で、そのうちコメディカルが31演題です。そして、5つのコメディカルセッションがあります。演題数増えましたね。

★興味深いのは、注目の新薬、SGLT2阻害薬が4セッションもあることです。
この薬は、2014年春から上市されていますが、「食べても、尿からブドウ糖を排泄させて血糖値を下げる薬」で、減量の効果も期待されます。「尿中から糖が出ることは悪い」という今までの常識を覆す治療薬ですが、腎機能が低下している患者さんは禁忌ですので、透析を受けている方はこの薬は処方されていないと思います。脱水を起こしやすいため高齢者は慎重投与が必要ですし、低血糖を起こさないように、他の薬の調整も必要になります。

★シンポジウム「糖尿病における新たな管理基準―各ガイドラインから」も興味深いです。
1.高血圧の管理基準」(JSH2014を踏まえて)
2.「脂質異常症の管理基準:その現状課題と展望」
3.「経口血糖降下薬の分類と適応」
4.「糖尿病腎症の病期分類と生活管理基準」

糖尿病腎症に関して抄録より、一部抜粋します。
昨年末、糖尿病腎症合同委員会から、新たな腎症の病気分類が発表されました。2型糖尿病では、eGFRとアルブミン尿の乖離例が少なからず認められ、実情にそぐわないとの批評がありました。
新分類では、CKD分類との整合性に配慮しながら、主として尿中アルブミン排泄量によって第1期から第3期を分類し、eGFR30未満を4期、透析状態を5期としています。
これによって、乖離例にも適応できるようになりましたが、2型糖尿病の腎症の多様性を踏まえ、実際の臨床経過の検証を課題として残しています。
食事療法では、たんぱく質制限は第3期から開始するとし、eGFR45未満から低たんぱく食を推奨しています。


みなとみらい① みなとみらい② みなとみらい③
みなとみらい


■今夜は、第52回日本糖尿病学会関東甲信越地方会に参加するために茨城から上京した、大学時代の友人と会っていました。彼女も私と同じくずっと透析医療に関わってきた人です。深刻な透析患者さんの高齢化などについて話し、自分にできることに追力したいと言っていました。彼女の前向きな熱心さに刺激を受けました。持つべき者は友ですね。
私は、明日は留守番組でこの学会に参加できないのですが、Sさん、私の分もいっぱい勉強してくださいね。また会いましょう^^


  1. 2015/01/23(金) 23:31:16|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第18回日本病態栄養学会@京都へ行って来ました~ランチョンのお弁当and つけ麺~

                   第18回日本病態栄養学会@京都
                  第18回日本病態栄養学会@京都

前回の透析レストランで書いた通り →明日から開催される、第18回日本病態栄養学会@京都へ行って来ます
まだ休職中の親友と京都の病態栄養学会へ行って来ました。

いつもの病態栄養学会は、前泊か、朝早くの新幹線で出発するため、8時半か9時には会場入りしていて、学会第1日目のランチョンチケットは手に入れていました。
たいがいの学会は、ランチョンのお弁当を美味しくいただいています・・・あっ、思い出しました!!2013年に開催された軽井沢での第32回食事療法学会は、10時に会場入りしたため、すでにランチョン券は配付終了でした。→第32回食事療法学会@軽井沢へ行ってきました~懇親会&ホテルのモーニング&ランチョンの釜めし

話しが逸れてしまいますが、「第32回食事療法学会@軽井沢へ行ってきました」の記事へ飛んでいただくと、ホテルのモーニング画像が出てきます。この、パンとコーヒーのモーニングをいただいた傍らにも親友がいました。ラウンジいっぱいに漂うあの時のコーヒーの香りが思い出されます。「思い出」には、いつも「食」の光景があるように思いませんか?

話しを戻し、今回の学会は、昼過ぎに京都に到着し、駅の近くのおそば屋さんでつけ麺をいただき、のんびり会場入りしました。
温かいお汁に、お肉、野菜、きのこが入っていて、冷たいおそばをつけていただきます。
おいしかった~^^七味ではなく、山椒をかけるのが京都風。七味党の私ですが、この食べ方が気に入って、お土産に山椒を買ったほどです。

さて、いよいよ学会場入りです。国立京都国際会館駅を降り地上に出ると、そこには、いつものピリリと引き締まる緊張感はなく、柔らかい陽射しに包まれた国際会館がありました。午後だったからか、それとも、今回は参加することに意義を見出していたからでしょうか?

学会で学習したことは、次回の?透析レストランに譲り、夕食タイムにスリップします。親友が、いつか行った錦市場にあるお店に行きたいというので、他の友人たちも連れだって出かけました。おばんざいが美味しいお店で、京うすあげの九条葱のせ、京湯葉とろろ、生麩田楽、にしんの串揚げ、などをオーダーしました。
どれも美味しく、親友は幸せそうで満面の笑みでした。もちろん私も^^


つけ麺  京うすあげの九条葱のせ  1月11日のランチョンお弁当
① つけ麺             ②京うすあげの九条葱のせ  ③1月11日のランチョンお弁当

翌11日は、いつものランチョンお弁当です。京都で開催される病態学会のランチョンお弁当はコンパクトな京料理のお弁当です。

■ここでやっと、透析レストランらしきことを書きますと・・・
透析患者さんが、旅に出た時に、いつも以上に気を付けることは、減塩です。
① つけ麺は、つけるお汁を最小限にしましょう。
② しょう油や、ソースは最小限にしましょう。画像にはありませんが、にしんの串揚げは元々味が付いていて、友達は何もつけずに食べていましたよ。
③ 今回のランチョンのお弁当は、全部食べて大丈夫かな?気になるのは、かまぼこの塩分くらいでしょうか?


最後に、富士山の連発です。
今までは、「あっ、富士山見えた!」だったのですが、今回は、ずっと富士山を車窓から追いかけていました。

富士山①  富士山②  富士山③

富士山④  富士山⑤  富士山⑥
富士山


◆ここ数日、訪問してくださる方が一気に増えています。
数か月も書かなくて申し訳ない気持ちです。
透析レストラン、今年も頑張ります。

では、また


  1. 2015/01/19(月) 23:39:38|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。