透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大好きな焼肉や唐揚げや菓子パンを食べていて、血糖コントロールがうまくいかないトモさん

私が抱えている問題の一つに、家族はいても食事はバラバラで好きなものしか食べない人がいることをあげましたが(2009/06/12)、血糖コントロール目的のため入院しているトモさん45歳が、まさにその例です。

目はほとんど見えず、車イス生活の彼は、お母さんが働きに行っている日中は一人で過ごしています。起きたい時に起き、自由気ままな生活をしていて、1日2食です。よく口にするものは、焼肉・鶏の空揚げ・お寿司・コーヒー牛乳・コーラ・菓子パン。

髪は背中まで伸び、髭はボーボーで、ゲッソリ痩せていたトモさんが、(身長165cm・体重45Kg)救急車で運ばれ入院後、緊急透析導入した3年前、BUN 125mg/dl ・Cr 18mg/dl ・Ht 22%。食欲はなく、食事はほとんど食べられない状態でした。

19歳、2型糖尿病発症
22歳、インスリン導入
41歳、治療中断。この時すでに腎機能低下
そして・・・・・42歳、透析導入

病棟で、髭を剃ってもらい、散髪もしてもらい、日増しに元気になり、透析にも慣れ、トモさんは退院しました。退院後しばらくは、食事に気を使っていましたが、そのうちに元の気ままな生活に戻ってしまいます。

その後、トモさんは時々入院します。いつも入院時は、HbA1c10%前後。
入院すると、当然ながらデータは改善し、今度こそ頑張るぞ!と仕切り直しして退院します。

このように、「わかっているけど、実行できない人」に食事療法の支援をする場合、過剰な支援の押し付けは避け、会話では責めずに共感することにより信頼関係を築きます。アドバイスは一つ、曖昧な表現ではなく具体的なアドバイスをします。
食事療法は、患者さん自身が毎日実践して効果が得られるものなので、「あせらず」「少しずつ」「ねばり強く」ですね。
しかし、小さいころから身についた食生活を変えることは、本当に難しいです。

最近は、2型糖尿病患者さんの発症年齢が下がってきていて、問題にされています。
子供に対する「食育」は、とても大切ですね。

コッペパン コッペパン成分


ジャンボ蒸しケーキ ジャンボ蒸しケーキ成分

菓子パンは、カロリーが高く血糖値が上がりやすい食品ですから、血糖コントロールに苦労している方はご注意を。


スポンサーサイト
  1. 2009/08/20(木) 22:06:20|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/138-5b3824c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。