透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1型糖尿病患者さんとのグループミーティングに参加して

秋の神保町   秋の神保町

シルバーウィーク最終日、「若い糖尿病患者さんとのグループミーティング」に参加しました。
糖尿病患者さんと、医師や医療スタッフとの対話を通じて、より良い糖尿病の医療を探究していこうという試みで、今回で4回目。
ビルの15階、一面全部窓ガラスで、すぐ向こうに後楽園遊園地や武道館が見える神保町の会場で、40名程集まった研修でした。

午前中は、自己紹介。
1型糖尿病の患者さんは、その発症年齢、現在の状況などを話しました。
本人不参加で、お母さんが参加されているケースもありました。なかなかお母さんの言うことを聞いてくれない悩みを訴えていらっしゃいました。
医師や医療スタッフは、日常1型糖尿病患者さんとどのように関わっているか、研修参加の目的などを話しました。

                     昼食のお弁当
                          昼食のお弁当

午後は、患者さんと医療スタッフが半々の小グループに別れてのミーティング。
続いて、患者さんグループ、医療スタッフグループの2班に別れてのミーティング。

低血糖のこと、カーボカウントのこと、運動のこと、何歳からインスリンを自分で打つか、友達との関係、親との関係、恋愛、移植について、など、実体験に基づいた話はどれもとても貴重で、皆熱心に聞き入りました。

関心したのは、前向きの方が多いこと。
医療技術の格差が大きい。など、負の要因も浮き彫りにされましたが、今回のようなミーティングが少しずつ広がっていけば、それも解決するかなあ。
私も、前向きに考えることにします。

                     研修会場で
スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 01:41:47|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/146-2b01b933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。