透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続「日本人の食事摂取基準2010年版」より~透析に関係が深い「多量ミネラル」について~

日本人の食事摂取基準2010年版

日本人の食事摂取基準は、健康な個人または集団を対象とし、エネルギーや各栄養素の基準を示したものです。
前回、前々回の「透析レストラン」で、見直しのポイントと「多量ミネラル」(ナトリウム・カリウム)について書きましたが、今回は、「多量ミネラル」の「リン」です。

○ リンについて
成人の生体内には最大850gのリンが存在し、その85%が骨組織、14%が軟組織、1%が細胞内、細胞外液及び細胞膜に存在しています。
血清中のリン濃度の基準範囲は、0.8~1.6mmol/ℓと広く、食事からのリン摂取量の増減がそのまま血清リン濃度と尿リン排泄量に影響します。

食事摂取基準2010年版では、リンの目安量を、18歳以上の男性は1000mg、女性は900mgと策定しました。
平成17年及び18年国民健康・栄養調査によると、リンの摂取量中央値は970mg/日です。リン摂取量がもっとも多いのは、12~14歳の男子で1243mg/日となっています。ただし、この調査では加工食品に添加されているリンの量は加算されていないために、実際の摂取量はさらに多いと考えられます。
1歳以上については、アメリカ/カナダの食事摂取基準を参考に、平成17年及び18年国民健康・栄養調査の摂取量中央値を目安量としました。

また、食事摂取基準2010年版では、血清無機リンが正常上限量になるリンの摂取量を健康障害非発現量と考えることとし、リンの成人耐用上限量を3000mg/日と策定しました。
リンの吸収率を60%と見込み、血清無機リンの正常上限を4.3mgl/dℓ、リンの分子量(30.97)を用いると、血清無機リンが正常上限となる摂取量が3686mg/日となります。これを健康障害非発現量としました。これに不確実因子を1.2としてあります。


2009/01/12 「透析レストランスタッフ日記」に、第12回病態栄養学会で「ヒトにおける食事性高リン負荷による血管内皮機能障害」についての研究発表を聴いてきたことを書きました。
ここでは、高リン食により、血清リン濃度の増加が、健常者においても血管内皮機能障害を引き起こすことが示されたと報告されています。

今までは、「リンは、多くの食品に含まれており、摂取量が不足することは少ない」というとらえ方でしたが、耐用上限量が設けられ、日本全般がリンに少しでも注目が集まることを期待します。

食事摂取基準2010という、堅い?固い?内容を3回続けて書いてきました。
「透析レストランスタッフ日記」で上位にヒットしている中に、炭酸ランタン水和物、沈降炭酸カルシウム錠、高血圧治療ガイドライン2009、を書いているものがあります。
このサイトを訪れてくださっている方は、ちょっと硬めの内容も知りたいのだと思い、3回シリーズで書きましたが、肩凝りました。

ご高名な先生のお話をお聴きすると、難しい内容をとてもわかりやすくお話してくださいます。私が目指したいところです。
今後、食事摂取基準2010をしっかり理解した上で、患者さんたちに、わかりやすくお話をしたいと思います。


スポンサーサイト
  1. 2009/10/28(水) 23:49:50|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/154-ef9be2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。