透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

突然透析導入のムロさんと難病アシュリー・ヘギさん

ハートのババロア

先日、64歳のムロさんが透析導入しました。
ムロさんは、あまりにも気持ちが悪いため近くの病院を受診し、そこから私の勤務する病院へ紹介されてきました。そのまま入院となり、1週間後に透析導入です。
ムロさんに聞かれました。「3回透析をして、それから先はどうなるのですか?」
最初、私は質問の意味がよく分からず、月・水・金・月・水・金・または、火・木・土・火・木・土・と透析をすると説明をしました。
「じゃあ、ずっと続くのですか?一生続くのですか?」
ムロさんは、週3回透析を、とりあえず3回透析だと思ったそうです。

私は、透析に通い続けなければならない現実をまだ理解できないムロさんの今後を考えた時、アシュリーを書いた夏の日記を思い出しました。

2009/08/09 私の日記より
『ノンフィクション(テレビ番組)で、早期老年症アシュリー追悼全記録を見た。享年17歳
今までの番組で、アシュリーとお母さんは様々なことに常に前向きに挑戦している。

学校のキャンプに参加できないアシュリーのために、自宅の庭でキャンプをした。そのための準備をしているアシュリーの表情は、とても輝いていて楽しそうだ。
獣医になりたかったが、獣医になるためには、学校へ5年行かなければならないため諦め、目標をペットショップで働くことに変更した。アシュリーはきちんと履歴書を書き、ペットショップで採用された。そして、母親の絶大なる協力のもとに、高校を週に2回休んで一生懸命働いた。

高校の卒業文集で、「もう一度人生をやり直せるとしたら、あなたは何をしますか?」との問いに対して、アシュリーは「nothing」と答えていた。
nothing・・・人生を生ききったと言い切る言葉に涙で画面がぼやけた。』


アシュリーは、通常の人に比べて10倍もの速さで老化が進むプロジェリアという難病と闘っていたカナダの少女です。
患者数は世界で30人程度、平均寿命は13歳といわれています。
何回かテレビのドキュメンタリーが放送されていたため、ご存じの方も多いと思います。
「私がプロジェリアだということには、ちゃんとした理由があるの。神様が与えてくれたものだから、すてきなことなのよ。だから、私は大丈夫」
病気に対してここまで受け入れ、明るくひたむきに生きる姿に、私は感銘を受けていました。

クリスマスのイルミネーション


スポンサーサイト
  1. 2009/11/29(日) 23:13:29|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/161-ee867cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。