透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第8回日本フットケア学会に行ってきました

第8回日本フットケア学会

2010年2月27日(土)・28日(日)、都市センターホテル&シェーンバッハ・サボーで開催された第8回日本フットケア学会に参加しました。

前日の春のようなぽかぽか陽気はどこへやら、いっきに冬に逆戻りで冷たい雨に肩をすぼめましたが、沈丁花や梅の香りが漂い寒い中にも春はそこまできているのを感じました。

今回は、学会長が糖尿病を専門となさっている東京都済生会中央病院の渥美義仁先生のため糖尿病色が強く、糖尿病を専門としている先生方を多くお見かけしました。


学会ロゴ
学会ロゴ

誰もが“生涯自分自身の足で健やかに歩く”ことをテーマとし、『足』を良く知ろうということで、“吾れ唯だ足(あし)を知る”をロゴとしたそうです。
「口」を真ん中にした四文字は竜安寺の手水鉢にある言葉で、本来の意味は「吾れ唯だ足(た)るを知る」で、バブルな生活を諌めるものだそうです。

私は、2008年、2009年に続き3回目の参加ですが、年々活発になっているのを感じました。
2008年4月から糖尿病合併症管理料が診療報酬に認められたことも影響していると思われます。
算定するためには、社会保険庁へ登録が必要ですが、現在全国で1011の医療施設が実際に稼動しているそうです。
この学会前に、東京医科大学八王子医療センターの植木先生の働きかけで稼働施設数の実態を把握できたと会長講演で渥美先生がおっしゃっていました。


透析患者さんの高齢化、糖尿病の透析患者さんの増加で、需要が増しているフットケアです。
このケアに対して算定されたのは、2年前。そしてまだ一ヶ月に1回の算定だけど、実際はそれ以上フットケアをしている訳だから、今後実績に見合った算定がされるようになったらいいなあと思います。


今回は、日頃透析患者さんの足ケアに力を入れている透析レストランスタッフと一緒に参加しましたが、「足ケアってチーム医療が特に大切な分野だね。患者さんの足は、チーム力に掛かっているといっても過言ではないね。」「足のことをこんなにまとめて勉強する機会はめったにないから参加して本当に良かったよ。」

チーム医療の大切さを再認識した学会でした。

そして、感想もう一つ
学会は数多くありますが、それぞれの学会ごとに特徴があります。
フットケア学会に参加して私が感じたことは・・・・・
ヒールの高い靴を履いている女性がとても少ないことです(笑)

スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 23:49:31|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/186-dd92d760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。