透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食べることは生きること ~低栄養について考える~

                    ちまき
                          ちまき

最近、「低栄養」という言葉をよく耳にするようになりました。
透析レストランで書いた低栄養について、記事を整理してみました。


       いわしの梅しそソース         白滝の牡蠣油炒め
          いわしの梅しそソース              白滝の牡蠣油炒め

●2008/10/23 「あまり食べられない患者さんのために」では、
『「たくさん食べすぎで、カリウムやリンなどの検査値が高くなる人」と、「食べられずに低栄養の人」と、透析患者さんの食事に対する悩みは両極端です。
高齢化が進んだ最近は、食べられない悩みの方が多くなり深刻です。』

そして、記事中で低栄養の方にレナウェル3をご紹介し、『しかし、なかなかデータの改善が見られないのが現状』に対して『がんばらないで、あきらめない。。。』
と、結んでいます。

●2009/01/07 「2009 七草&リーナレン」では、
『お正月は、透析間の体重増がどうしても多くなってしまいます。
「お正月は、食べ過ぎちゃったからねえ。今度の検査結果が恐いよ。きっとリンが上がっているよ。」このような患者さんのつぶやきを、毎年聞いていたのですが・・・
今年は、食べられなくて困ったと訴える患者さんが例年より増えていました』
そして、リーナレンMPをご紹介しています。

●2009/01/10 「ハンディースタイルの・・ゼリー?菓子?乳?」では、
森永アロエヨーグルト(種類別:はっ酵乳) 1パック150gあたり123kcal たんぱく質5.0g
の商品説明に「森永アロエヨーグルトは、たんぱく質が多いので、低栄養ぎみの方にお勧め。」
と書いています。

●2010/02/26 「カリウムを多く含むプルーン」では、
『最近は、食べられなくて血清カリウム値が低すぎる方のために、カリウムを多く含む食品をもっと食べましょう、というお話をすることがあります。
また、認知症の患者さんで、透析導入された当初にカリウムは多くとってはいけないものだと頭に叩きこまれているため、低栄養状態になっても頑として多く食べようとしてくださらない方がいらっしゃいます。「食べましょう」という新しい情報は記憶できないためです。』
と書いています。

●2010/04/07 「あまり食べられなくて血清カリウム値と血清リン値が低過ぎる方へ」では、
『血清カリウム値 3.5mEq/l ・ 血清リン値4.0mg/dlより低い方は、普通の濃厚流動食で十分OKです。』
そして、メイバランスMiniをご紹介しています。
『最近これらのデータが低値の方が増えてきて、食べられないことは、透析医療で深刻な問題となっています。』
メイバランスMiniは、1本あたりたんぱく質7.5gです。


       春の炊き合わせ        デザート
           春の炊き合わせ                   デザート


こうして時系列に整理してみると、「低栄養」が時を経るごとに深刻になっているかが分かり、整理しながら自分でも驚いています。

加齢による身体の衰えは避けられないことです。食欲低下や、味覚低下や、消化吸収力の低下も老化現象のひとつです。高齢になるほどたんぱく質源である肉や魚を敬遠し、エネルギー源である、ご飯・油脂も不足しがちになります。
食事量が減り、栄養不足に陥った状態を
「たんぱく質・エネルギー低栄養状態:PEM」(protein-energy malnutrition)といいます。

低栄養状態が続くと、やがては寝たきりになってしまうこともあり、感染症も起こしやすくなってしまいます。

●低栄養(PEM)を予防するために、食生活をチェックしてみましょう。
・一日3食食べていますか?
・しっかりご飯(またはパン・麺類などの主食)を食べていますか?
・肉や魚、卵や豆製品などのおかずを毎食食べていますか?
・嚥下困難はありませんか?
・入れ歯が合っていなかったり、口内炎になったりで食べることが困難になっていませんか?

●低栄養(PEM)を予防するために、体重測定と血液検査のチェックも大切です。
・1年で平常時の5%以上の体重減少がありませんでしたか?
・血清アルブミン値は、3.5g/dl以上ですか?

◎以上のチェックに「ハイ」と答えられた方は、低栄養の心配はほとんどありません。

とにかく、きちんと食べましょう
ただし、頑張りすぎないようにしましょう
全部手作りしなくてもいい。食べることを負担に思わないことも大切だと思います
透析レストランで、市販食品や、栄養補助食品をご紹介していますから、そんな食品を利用するのも一法ですよ。
(腎臓対応の濃厚流動は、リーナレンとレナウェルだけでしたが、近々新製品が発売されるそうです。首を長くして待っています。)


そして、最後に最も大切なことは・・・・・
生きようとする意欲
食べること=生きること


スポンサーサイト
  1. 2010/05/03(月) 03:24:28|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/203-da2925ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。