透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

信じて続ける栄養補給 ~栄養補助飲料 レナジーbit  Part2~

大原美術館モネの睡蓮の池 大原美術館内
大原美術館モネの睡蓮の池&大原美術館敷地内

第53回日本糖尿病学会の記事がなかなかアップできないので、倉敷散策の画像だけご紹介です


2010/06/09 レナジーbit検証の続きです。

●食物繊維4.0g含有。(リーナレン2.0g レナウェル3.0g)
ビフィズス菌増殖因子であるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)およびビートオリゴ糖(ラフィノース)を配合しています。
透析を受けている方は、水分制限・カリウム制限・薬剤の副作用・自律神経障害などの原因により便秘に悩まされている方が多いため、(2009/05/02透析レストラン記事に詳しく書いてあります)この成分は朗報ですね。
2010/04/29 透析レストランで、私はビフィズス菌に関しての資料を収集中と書きましたが、まだ記事にまで至っていませんが、その有用性を感じているし、粉末ビフィズス菌を飲み始めた患者さんも快腸の様子です。

●亜鉛3.0mg含有。(リーナレンは1.5mg、レナウェルは0.06mg)
亜鉛は味覚障害を防いだり皮膚や粘膜の健康維持を助けたりする重要な栄養素で、最近注目の栄養素ですから、新商品には強化されていて当然ですね。
ここが食品のフットワークの良いところです。薬だったら治験を繰り返してやっと新商品が発売となりますし、リニューアルするまでにとても時間がかかります。



最近は、低栄養の方や足肢切断後の方などに栄養補助食品を提供することがとても多くなりました。125ml~250ml程度の液体なら、透析間の体重増加にさほど響かないと思うのですが、実際に患者さんの体重は増えてしまうのです。
原因は、濃厚な液体を飲んだ後の口直し諸々です。

このような濃厚流動食が、タブレットになったら最高!または魅力的な手軽なお菓子でもいいですよね。
メーカーさん、ぜひ商品開発をお願いします。

「第53回日本糖尿病学会@岡山学会へ行ってきます 2010/05/26」で、タブレットのブイクレス・トラベルのことに少し触れましたが、ブイ・クレスの液体からこの商品にさっそく切り替えた患者さんがいらっしゃいます。
「先生、タブレットはすごくいいですね。調子いいですよ。」と、プリンプリンして艶やかな顔をさらに輝かせて私に満面の笑みで報告してくださいました。
彼女は、もう2~3年リーナレンとレナウェルとブイ・クレスとポチプラスを交互に飲み続けています。

私は彼女から、ポジティブに考えること、信じて続けることの大切さを教えてもらっています。


追記

レナジーbitの画像を追加します

レナジーbit
     レナジーbit
レナジーbit コーヒー風味 レナジーbit 乳酸菌飲料味
レナジーbit   コーヒー風味    乳酸菌飲料風味

飲み口があっさりしていると患者さんたちには好評です。
リーナレン、レナウェルに続く3本目として、選択肢が広がりました。

たんぱく質を多く入れた透析専用バージョンの開発を早めにお願いしたいですね。



スポンサーサイト
  1. 2010/06/10(木) 23:56:16|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/211-9177f931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。