透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第55回日本透析医学会@神戸が開催されます

第55回日本透析医学会@神戸
第55回日本透析医学会@神戸

2010/06/18(金)~ 2010/06/20(日)、神戸コンベンションセンター・神戸ポートピアホテル・神戸国際展示場・神戸商工会議所会館にて、第55回日本透析医学会が開催されます。
さすがに大きな学会ですので、5会場もあります。

1960年代に臨床使用されたDr.Scribnerの血液透析システムは透析療法を標準化したものでありバスキュラーアクセス、ダイアライザ、透析液、抗凝固剤、透析液清浄化対策と現在の透析装置の全てを有していました。
それ以降個々の技術進歩と合併症対策により透析患者さんの数は飛躍的に増加し、生存率も向上しましたが、未だ不完全な治療であり、患者さんへ自己管理の過大な負担を強いています。
今後、この問題点を解決するためには、更なる透析科学の発展を計る必要があります。
たとえば多くの透析患者さんは高リン血症に悩み、食事制限をしていますが、これは連日透析を行えばたちどころに解決します。しかし、必要とされる全ての患者さんに連日透析を行うことは未だ困難であり、現状では選ばれた人しか享受されていません。解決のために新たな透析装置や自己穿刺装置の開発が必要ですし、医療保険制度の改革も必要となります。つまり科学が進歩すれば、患者さんの負担と悩みは少なくなっていくと思われます。
今回のテーマを“透析科学の極み”とした所以です。

以上、学会長の川西秀樹先生の総会開催ご挨拶文より、引用要約させていただきました。

神戸北野異人館 神戸北野異人館街
数年前に学会で行った神戸の北野異人館と異人館街

パラパラと抄録を読みましたが、学会の内容は多岐に渡り、クローズアップされているフットケアや、心のケアはより充実していますね。


高齢者透析患者数が増え、別の病気を併発する患者さんが増えていますが、私の勤務する病院に、癌を宣告され辛い化学療法のため入退院を繰り返し、余命3ヶ月と言われた時を過ぎて今なおポジティブ思考で笑顔を絶やさない方がいらっしゃいます。
その方のために人生の残された時間の一瞬を共有することが今の私にできることだと思っています。

心のケアセッション行きたいなあ・・・


透析レストランスタッフは、運動療法についての研究発表をします。


スポンサーサイト
  1. 2010/06/16(水) 22:25:42|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/212-04d1967f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。