透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010第4弾高矢禮(ゴシレ)弁当“秋”を食べました

2010 10月21日~24日まで、高矢禮(ゴシレ)弁当“秋”が予約販売されています。
第1弾2008/06、 第2弾2008/12、第3弾 2009/07に続く、第4弾です。
今回もおいしくお弁当をいただきながら、例のごとく栄養成分の検証をしました。

第4弾高矢禮(ゴシレ)弁当“秋” 第4弾高矢禮(ゴシレ)弁当“秋”パッケージ
第4弾高矢禮(ゴシレ)弁当“秋”

今回の高矢禮(ゴシレ)弁当は、
エネルギー:753kcal   たんぱく質:39.0g  脂質:27.4g  炭水化物:87.5g
Na:2.4g ⇒ 塩分換算:6.1g
P:F:C比=20:33:47
今まで中で一番、エネルギーもたんぱく質も脂質も塩分も少なく、私は一番おいしいと思いました。

高矢禮弁当透析バージョン ゴシレ弁当 高矢禮(ゴシレ)弁当
懐かしい高矢禮(ゴシレ)弁当 左から、2008/06、2008/12、2009/07発売

最初に高矢禮(ゴシレ)弁当を食べたときは、ぎっしり詰まっているごちそうにびっくりしました。高矢禮は、韓国で食べ物の神様といわれる高矢(ゴシ)に感謝の心を表して行われた儀式のことで、高矢に礼を尽くすように、お客様にも心を込めておもてなしするという意味から”高矢禮”と名付けられたそうなので、ごちそうなのだと知りました。

高矢禮(ゴシレ)弁当のエネルギー 高矢禮(ゴシレ)弁当の原材料と栄養量 高矢禮(ゴシレ)弁当の主なメニュー
高矢禮(ゴシレ)弁当の原材料と栄養量と主なメニュー


第1回目は、異文化のお料理に触れ、ただただ吟味しながら食べていましたが、4回目ともなると見ただけで味の想像がつくようになりました。4回のシリーズにずっと登場しているメニューあり、初めて食べるメニューあり。ずっと登場している薬食(ヤッシュ)は、今やシナモンは苦手とする私のお気に入りです。ジョンも毎回楽しみになりました。
今回初めて食べた野菜巻き豆腐チム(鶏挽肉を入れた豆腐を大葉で包んで蒸したもの)は、大葉がとてもおいしく、別なものを入れて応用したいと思いました。(きっとこのメニューの別バージョンはあるのでしょうね)
また、これも初めて食べたデハチム(韓国伝統の海老の蒸し料理で5色の盛り付けが特徴。ピーマン、赤パプリカ、ひじき、卵黄錦糸、卵白錦糸)は、とても色鮮やかでおいしかったです。

ドラマのチャングムは長編過ぎて途中から見損なってしまったけれど、チャングムで扱ったレシピ集は購入してあるので、ゆっくり見てみましょう。

今回の特徴は、ご飯が少なかったこと。だからその分カロリーダウンになっていると思います。
野菜はとても多く、トッカルビの下にはぎっしりと玉葱、蓮根、椎茸の炒めものが敷き詰めてありました。
今回、塩辛いと思ったのは、トッカルビ(中央の牛肉を特製タレで焼いたもの)とキムチジョン(デハチムの後ろ。キムチと豚肉、野菜などを一緒に焼きあげたもの)です。

さて、透析を受けている方がこのお弁当を楽しむとしたら・・・・・
毎回同じですが、塩分のことを考えて2回に分けて食べ、それぞれご飯をプラスするのが安心できる食べ方です。
私も2回に分けて食べましたが、トッカルビとキムチジョンは食べきれずに3回目のおかずにしました。

多分、第5弾の高矢禮(ゴシレ)弁当もありかと思います。
塩分は、8.6g ⇒ 8.6g ⇒ 7.6g ⇒ 6.1gと少しずつ減塩方向ですから、ぜひとも次回はさらに減塩を期待しています。

ごちそうさまでした


高矢禮(ゴシレ)監修 プルコギ巻と海老辛味噌巻を検証しました
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/blog-entry-234.html


スポンサーサイト
  1. 2010/10/24(日) 15:49:33|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/244-e94966aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。