透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムネさん20年の闘病生活 ~もう何があっても驚かない~

岡山のステンドグラス

ムネさんの奥さんから、最近データが少し悪くなって来ているのでちょっと相談にのってほしいと電話が入りました。
79歳のムネさんは、透析導入されて1年半になります。
10年前、尿素窒素18mg / dl・クレアチニン1.4mg / dl・24時間クレアチニンクリアランス49ml / minで、まだ透析導入前の保存期からのおつきあいです。

久しぶりにお会いした奥さんは、随分穏やかで、相談にいらしたのにニコニコしています。
ムネさんが透析導入する前、検査データに一喜一憂していた奥さんとは明らかに違います。
ムネさんのデータが悪いときに自分を責めて落ち込む姿を見て、私は、もっとポジティブにムネさんの病気を受け止めた方がいいし、あまり神経質に食事療法を進めない方が良いのでは?と投げかけていました。

20年前、あと1年で定年退職を迎えるムネさんは、脳梗塞で言葉を失いました。
それまでは仕事一筋で、海外を何カ国も飛び回っていたそうです。
会社は、少しでもいい、いつでもいいから会社にきてくださいと言って、通勤定期を用意してくれました。でも、会社に行っても1時間で帰ってきてしまったそうです。
そして、ムネさんは会社をやめてしまいました。

ムネさんは、同時に言語リハビリを開始しました。
「これは何ですか?」と先生が時計を示し、ムネさんは「クロック」と答えたそうです。
「日本語で答えてください」
ここでも、ムネさんは落ち込んでしまいリハビリをやめてしまいました。

仕事のできない男は生きている資格がない。死にたい。
仕事一筋だったムネさんはこう訴えたそうです。

そうだ、旅行に行こう。世界中を飛び回っていたんだもの。海外に連れ出せば元気を取り戻せるかもしれない。
奥さんはこう考えて準備をしていた矢先に、ムネさんは2回目の脳梗塞を起こしてしまいました。
その後、3回目の脳梗塞を起こし、たんぱく尿が出現し腎機能が徐々に低下してきました。
その頃が10年前で、ムネさんは私の勤める病院に通院を始めました。

そんな経緯があったので、これ以上何かあったら大変とムネさんの奥さんは必死でした。
「お刺身を食べすぎでしょうか?もう少し食べさせてあげてはいけませんか?」
「また、カリウムが高くなってしまった。柿が多かったかしら?気をつけなくては」
「お酒はいけないと言っているのに、主人は飲みたがるんです。先生からも注意してください。」
このような感じでした。

透析導入が決まった時、二人はものすごく落ち込んでいました。

透析導入されて環境が変わったため、ムネさんの認知は進行してしまい、病院の送迎車に乗らずに1人で帰ろうとして迷子になったり、パジャマと洋服の区別がつかなくなったりして奥さんはパニック。
そこで、介護保険を利用することになりました。

担当のケアマネさんは、「こんなに奥さんに世話していただいてムネさんは幸せですね。」と自宅へ訪問したときや車椅子を押しながらなど事あるごとに声かけしてくれたそうです。
(さすが!ケアマネさん。プロですねえ)
ケアマネさんの声かけが二人の間の潤滑油のような役割をしてくれたと奥さんは話してくれました。

今、主人は病気を持っているけど、それでも幸せだなと思っています。
毎日感謝の気持ちでいっぱいです。いつも心の中でありがとうとつぶやいています。
何かあって当たり前。もう何があっても驚きません。
こう言い残して奥さんは帰って行きました。

最初に相談にのってほしいと言われたときは、データが少し悪くなって来ているからということだったのですが・・・それは、ノープロブレム、ちょっとリン値が高くなっているだけ。お寿司の回数をちょっと減らしてお肉に切り替えるだけで大丈夫だと思いますよ。

今朝、「ムネさん、おはようございます。」と声をかけると、ムネさんはニコッと笑って手のひらを差し出しました。私も手のひらを差し出します。手と手を合わせると、ゆっくりとムネさんは「おはよう」とあいさつを返してくれます。
これがいつものムネさん流。
いつものことなんだけど、今朝は特に幸せでした。


そら

明日は、もう師走・・・



12月2日 記
透析導入前後の様子を少し詳しく書き足しました



スポンサーサイト
  1. 2010/11/30(火) 23:11:47|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/252-4ea1f0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。