透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笑顔を見せて! ~1型糖尿病透析のカタさん~

シャンデリア

35歳のカタさん(男性)は、16歳の時に1型の糖尿病を発症し、3年前から腎機能が低下してきました。
そして今年に入ってからシャント造設手術のため私の勤務する病院に入院し、しばらくして透析導入しました。

透析中のカタさんはいつも眠っています。たまに目を開けている時でもとても眠そうで、その目はつまらなそうです。私はカタさんのことがとても気になっていましたが、ゆっくりお話しする機会がないまま時が過ぎていました。

透析導入当時6.6%だったHbA1cが、8月は7.8%に上がっています。
先日、カタさんのベッドサイドへ行ったとき、ちょうど目を開けていたので、私は声をかけました。

「今日は起きていますね。今、お話ししてもいいですか?」
そして、HbA1cが上がってきていること、いつも眠そうなこと、1型糖尿病を発症した時から今までの経過などを訊きました。
カタさんは、ぽつりポツリぽつりと語ってくれました。

彼は、1型糖尿病を発症したときから外食することは諦めたそうです。
彼は、両親との確執があるようです。
彼は、夜中に仕事をしていたことがあり、それから睡眠障害で悩んでいるそうです。
彼は、眼科で心ない言葉の暴力にあい、傷ついてしばらく眼科通院を中断したそうです。
彼は、血糖値が高いと言われて、1日2食で我慢していた時期があるそうです。



2009/11/06 透析レストラン 「1型糖尿の講演を聴いてきました」
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/blog-entry-156.html
この記事で、自ら1型糖尿病で糖尿病専門医である南昌江先生の講演内容を書きました。


半年前、2011/02/05 第19回インスリンフォーラム(旧SMBGフォーラム)が開催されました。テーマは、「インスリン治療のポジショニング」です。
このフォーラムでも、南昌江先生が「1型糖尿病の治療とケアー理論と現実―」と題してお話ししてくださったのですが、記事にしそびれていましたので、今回まとめてみます。

第19回インスリンフォーラム抄録集
第19回インスリンフォーラム抄録集

まず、抄録から抜粋させていただきますと、
「1921年のインスリンの発見で、不治の病とされていた1型糖尿病は生存可能となりました。しかし、当時の医療ではまだまだ健常人と同じような生活をすることは困難でした。この20-30年でインスリン製剤、デバイス、血糖測定器などの1型糖尿病を取り巻く医療は目覚ましく進歩し、そのおかげで1型糖尿病患者の寿命は延びQOLは明らかに改善されています。
1型糖尿病は幼少期から老年期まで幅広い年齢層で発症し存在するため、それぞれのライフステージにおける問題点や治療目標が異なります。
糖尿病という病気を受け入れ、これから先の人生を糖尿病とともに生きていくために、患者自らがインスリン治療を自分のものとして行っていかなければなりません。・・・・・」


先生は、「足りないインスリンをうまく補充することで健常人とまったく同じ生活をすることができる」「その人の生活に応じてインスリンをいかにうまく使うかが治療のコツ」とおっしゃっています。
そして、「やりたいこと、やろうと思ったことは全てやれた」と結びました。



話を、カタさんに戻します。
カタさんは、「やりたいこと、やろうと思ったこと」の多くを諦めてきてしまいました。
食事も楽しんでいません。

「食べたいものはありますか?」
カタさんは、フルーツが食べたいと答えてくれました。
昔は、イチゴ、桃、梨、さくらんぼが好きだったけど、フルーツを食べるのはいっさいやめてしまったそうです。

「フルーツにどのくらい炭水化物を含んでいるか、どれくらいのスピードで血糖が上がるかを
知って、今度フルーツを食べてみましょう。先生と相談しておきますね。」
そして、フルーツのカーボ(炭水化物)早見表を渡す約束をしました。



彼が、一つ二つと諦めたことを、また一つ二つと始められたらいいな。
そして、いつか彼の笑顔を見られたらいいな。


スポンサーサイト
  1. 2011/08/18(木) 00:19:24|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

ありがとうございます

いつもコメント拍手をくださるMさんはじめみなさんありがとうございます。
私が書くことによってみなさんが食事を楽しんでくださるようになったことを知り、こんなに嬉しいことはありません。

締め切り仕事があったり、出かけていて記事が滞っていますが、もうしばらくお待ちくださいね。
  1. 2011/08/28(日) 21:38:43 |
  2. URL |
  3. 透析レストラン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/312-1b5bbb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。