透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高リン血症治療剤 ホスレノール顆粒分包新発売

3年前、2009/03/20の透析レストランで、沈降炭酸カルシウム(商品名:カルタン)、塩酸セベラマー(商品名:フォスブロック、レナジェル)に続く、3剤目の高リン血症治療剤をご紹介しました。
新発売ホスレノールチュアブルとラムネ

食事の直後に口の中で細かく噛み砕くことにより効果が発揮される薬なので、薬を飲むときにお水がいらないという大きなメリットがあるのですが、細かく噛み砕かないことにより腸管穿孔やイレウスがあらわれたり、画像検査等によりホスレノールチュアブルが噛み砕かれていない状態で腸管内に認められた例も報告されました。

イレウスに関しては、moiさんがコメントしてくださり、透析レストランからリコメしています。併せてそちらもご覧になってください。

うまく噛み砕けない患者さん用に、クラッシャーができましたが、顆粒にするのは手間がかかります。平成24年6月に、うまく噛み砕けない患者さん用にホスレノール顆粒分包が新発売されました。これで噛み砕けなかったときのリスクが軽減します。

ホスレノール顆粒分包
ホスレノール顆粒分包

ホスレノールチャアブルは、飲む薬ではなく噛む薬だから、服用時ごとにまとめて袋に入れる一包化ができませんでしたが、ホスレノール顆粒分包は一包化ができます。これは大きなメリットですね。
しっかり噛める方は今まで通り水がいらないチュアブル錠でOKだと思います。

ホスレノール顆粒分包 250mg
ホスレノール顆粒分包 250mg

しっかり食べてしっかり透析を!これが数年前から合言葉のように言われていますね。
しっかりたんぱく質をとると当然血清リン値は上昇しますが、生命予後は良いそうです。
賛否両論でしょうが、たんぱく質はちょっと多めにとり、リンはコントロールすることがいいのではないでしょうか?そのために高リン血症治療剤を上手に使うことはとても大切だと思います。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/27(金) 23:30:49|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/386-b27189bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。