透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

低リン乳と牛乳比較

前回の透析レストラン2012/08/20“簡単ワンプレート透析食⑮ サンドイッチとみかんと牛乳”
の記事中、牛乳の説明でこう書きました。

■今回は、牛乳の量を100gにしました。透析を受けている方が牛乳のような水分をとる場合は、1回100g程度が基準だと考えているからです。リーナレン、レナウェル、レナジーbit、低リン乳など腎臓病用の飲料は125mlが多いですよね。透析間の体重増加に響かないちょうどいい量だと思います。でも人によっては200gもありですよ。300gとなると多すぎです。普通の健康な方も200gで充分です。
こちらです

こう書きましたが、低リン乳に関しては今までご紹介していませんでしたね。
そこで、今回は低リン乳をご紹介し、牛乳と比較してみます。

低リン乳125ml  低リン乳栄養成分  低リン乳原材料名
                  低リン乳の栄養成分と原材料名


★ 低リン乳125ml(1本)当たりの栄養成分
エネルギー:80kcal  たん白質:4.1g  脂質:4.5g   炭水化物:5.8g  
Na95mg ⇒ 食塩相当量0.2g  カリウム145mg  リン:58mg  カルシウム:110mg


★牛乳125ml当たりの栄養成分
エネルギー:84kcal  たん白質:4.1g  脂質:4.8g   炭水化物:6.0g  
Na51mg ⇒ 食塩相当量0.1g  カリウム188mg  リン:116mg  カルシウム:138mg


低リン乳という名前どおり、リンの含有量が少ないというのが売りの乳飲料です。
牛乳を飲みたいけれどリンが気になる透析患者さん用に開発されたものです。
牛乳に比べて、リンを50%カット、カリウムを25%カットしてあります。
透析を受けている方は、血清カルシウム値が高すぎる方もいますから、低リン乳のカルシウムを少なめにしていることも特徴です。

普通の牛乳は長期保存できません。数ヶ月保存できるロングライフ牛乳はありますが、ロングライフ牛乳も封を開けたら早めに飲みきる必要はあります。
その点、製造日より90日が賞味期限の低リン乳は便利ですね。
保存方法は、常温を越えない温度で保存です。冷蔵の必要はありません。

味は、あっさりした牛乳といった感じでとてもおいしいです。
安心して飲める、しかもおいしいので、継続して飲むのに適していますよ。


スポンサーサイト
  1. 2012/08/22(水) 21:37:23|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/391-f42e83f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。