透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第16回日本病態栄養学会@京都へ行ってきました ~書籍コーナー 栄養指導の今昔 職・食・動・住のすすめ 著者 深浦京子先生~

                  第16回日本病態栄養学会
                   第16回日本病態栄養学会

2013年1月12日(土)・13日(日)に国立京都国際会館で開催された第16回日本病態栄養学会に参加しました。


国立京都国際会館の風景   栄養指導の今昔   国立京都国際会館の風景
国立京都国際会館駅から会場へ
書籍コーナーで買った深浦京子先生執筆の本“栄養指導の今昔 職・食・動・住のすすめ”


国立京都国際会館駅を降り地上に出ると、澄み渡ってキーンとした空気がたちこめていて、気持ちが引き締まると同時に「今年も京都に来られた!!」という嬉しさがこみ上げてきます。確か昨年も同じようなことを書きましたが、毎年毎年同じことを思います。

今回は、書籍コーナーで出会った本のご紹介をしたいと思います。
どの学会でも書籍コーナーがあり、かなりの人だかりです。大きな書店でしか手に入らない専門の書籍がたくさん置いてあります。学会の日程に合わせて発刊する本もあり、学会に参加する人は必ず立ち寄っているのではないでしょうか?

今回私が購入したのは、深浦京子先生の「栄養指導の今昔 職・食・動・住のすすめ」です。
深浦京子先生は、女優深浦加奈子さんのお母さまです。
深浦加奈子さんは、2003年に結腸癌の摘出術を受け、5年間の闘病後2008年8月に永眠されました。享年48歳、何と短い一生でしょう!
名脇役と言われていた深浦加奈子さんが出演されていた、NHK朝の連続テレビ小説「私の青空」を覚えていらっしゃる方も多いと思います。加奈子さん素敵でしたね。

私は、学生時代に卒論のデータ収集のために都立病院へ通っていた時に、深浦先生にお会いし、大変お世話になりました。深浦先生の栄養相談の現場を見学させていただき、集団の教室へもお邪魔しました。

ある時、栄養相談から事務室へ戻った深浦先生は、病院の昼食のお膳を見て、「何なの!この盛り付けは!」かなりお怒りで、私はびびびっくりです。
もう何十年も前のことですが、深浦先生は大迫力でした。
今思えば、“気が付いたらすぐその場で注意する”ということをこのときの深浦先生から学んだのかもしれません。
学生時代に、良い師にめぐり会えたことは、私の大きな財産だと今でも感謝しています。

深浦先生は厳しいけれど、とても笑顔が素敵でやさしい先生でした。
「あら、シェイクの差し入れなのね。太っちゃうわねえ、でもおいしいわ。」と言いながら、にこにこして召し上がっていたのを強烈に覚えています。
ある時、テレビを見ていたら、そこには加奈子さんと一緒に旅する、私が知っている深浦先生よりさらに極上の笑顔の先生がいました。私は懐かしくて懐かしくて食い入るようにテレビを見つめました。
あっ、深浦先生のことを過去形で書いてはいけませんでした。現在も60余年現役ばりばりの
管理栄養士ですから。

深浦先生の思い出を書き出したらきりがないので、本の内容について書きます。
ネット検索すると、すでに多くの方が書評を書いていらっしゃいますね。
それは、「職・食・動・住」のことや、「加奈子さんの闘病生活」や、「深浦先生の業績」などについてですが、私は、深浦先生が都立病院を退職後に勤務した病院のことを書かれた「第14章 公務員から民間医療人へ 107ページ~131ページ」から、透析について触れたいと思います。

第14章の深浦先生も患者さんに対する愛に満ち満ちています。
先生の手書きによる、「約100kcalぐらいの腎症のおやつ・デザート」
「透析食の食生活チェックポイント Ⅰ 体重増加=水分管理=塩分管理 Ⅱ カリウム上昇=果物・野菜の多食=肉・魚の多食 Ⅲ BUN・リン値上昇=タンパク質食品の多食」
棒グラフの、カリウム含有量表・リン含有量表
嗜好飲料のリン・カリウム含有量表
果物の安全な食べ方(腎症)⇒ここで先生は、安全な数値としてカリウムを100mgとしていますが、それは私がいつも透析レストランで提案している量と同じでした☆
5日分の献立表

ざっと書き出すと以上の資料が載っています。
平成に入ったばかりのことですから、現在よりも若い年齢層で、透析の効率も良くなかったころの資料です。
新しい職場に移り、その職場と時代に即した資料を次々と作って惜しみなく患者さんに情報を提供する深浦先生に感服です。

長々と書いてしまいましたが、私が病態栄養学会の書籍コーナーで深浦先生の本を見つけたときの喜びを多分皆さんも共有してくださると思います。
興味を持たれましたら、ぜひ読んでみてくださいね。


         1月12日のランチョンお弁当     1月13日のランチョンお弁当
                1月12日(土)と13日(日)のランチョンお弁当



ミニおせち  うなべ  うぞうい
  三十三間堂近くの老舗、わらじやさんでいただいた、ミニおせち、うなべ、うぞうすい


スポンサーサイト
  1. 2013/01/21(月) 23:31:52|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/405-275f8c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。