透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

透析患者さんの就労実態

透析患者さんの就労実態①

6月16日透析レストラン 「続々 もうすぐ透析導入のイチさんの奮闘 ~再就職おめでとう~」
では、イチさんが再就職したことを書き、最後に、全国腎臓病協議会が2011年4月に雇用者向けの透析患者就労ガイドブックを発行したことをご紹介しましたが、透析患者さんの就労実態に関して書き出すと長くなるので、タイトルを改めて、新たに書くことにしました。

「雇用主の方に  透析患者が働くために知ってほしいこと」⇒コチラ

以下は、ガイドブックより抜粋です。

【「あなたは、透析をしなければならなくなったので、別の部署に移ってもらいます。」
「透析をされている方の就職は難しいですね。」
腎臓病が進行し末期腎不全に至り、人工透析治療を開始した患者にとって、このこと自体の身体的・精神的衝撃は大きく、その後の生活にとっても負担が伴うことは否定できません。しかし、患者各々がこの事実を受け入れ、透析治療を前提として、その後の生活設計をしようとしたときに、冒頭で紹介した言葉を聞いたなら、それによってさらに衝撃を受け、社会復帰・社会参加のための大きな「壁」を実感せざるを得ないでしょう。
現在では、腎機能障害も内部障害者の認定対象となり、国内の透析医療・医療技術も医療関係者及び関係企業等々の臨床と研究・開発努力によって飛躍的な発展を遂げました。

臨床化された当初、透析治療の目標は、「末期腎不全による尿毒症の症状を緩和し、患者の死亡を回避すること」でしたが、現在では「透析患者が一般人と同様の生活の質を保ち、それぞれが社会での役割が果たせる様にすること」へと変遷してきています。
その意味では、患者の就労は一側面として重要な位置づけを有していると言えます。
その意味では、患者の就労は一側面として重要な位置づけを有していると言えます。
現在、患者全体における就労世代の割合は減少してきていますが、治療生活を継続する「糧」としての就労は欠かせないものであり、同時に患者個々の生活の質の向上と、何よりその「生命の質」を高める大きな意味を持っていると言えます。とはいえ、透析患者の就労に冒頭に記したような現実が存在していることは否定できません。それでも、透析治療によって「生命を繋いだ」患者が、社会に参加しその一員として役割を果たすことの意味は非常に大きく、本編で述べる透析医療と患者実態についての理解と少しの配慮で、その実現への条件整備は大きく前進するものと確信しています。】

【社団法人全国腎臓病協議会(全腎協)が2006年に全国の血液透析患者を対象に行った調査結果によると、「収入のある仕事をしている」と回答した人の割合は、男性で41.0%、女性で17.3%でした。就労状態が「家事専業・家事手伝い」または「無職」である5,224 人に対し、収入を伴う仕事をしていない主な理由をたずねたところ、「仕事に就きたいと思うが仕事に就けないでいる」と回答した人の割合は、男性で47.3%、女性で35.3%でした。】

透析患者さんの就労実態②

■「雇用主の方に  透析患者が働くために知ってほしいこと」は、2006年の実態調査報告ですが、手元に2011年の報告があるので、2006年と比較してみたいと思います。

「収入のある仕事をしている」と回答した人の割合は、男性で36.0%、女性で16.8%と、減少しています。

「無職」の割合が増加しています。2006年は男性48.7%、女性28.3%に対して、2011年は男性52.4%、女性28.7%です。

職業階層ですが、有職者2138人の職業階層で比較的多くを占めていたのは、男性では「公務員以外の正規の勤め人」と「商工・サービス業の自営または家族従業員」で、女性では「パート・アルバイト」と「商工・サービス業の自営または家族従業員」です。
女性では、「パート・アルバイト」の割合が増加傾向でした。2006年が34.9%に対して2011年は47.0%と、10ポイント以上も増加です。

「仕事につきたいと思うが仕事につけないでいる」と回答した人の割合は、男性で39.4%、女性で32.3%でした。この割合は男性で減少傾向です。
「仕事につきたいと思うが仕事につけないでいる」と回答した最大の理由は、「体調が悪い」という回答は男性で31.8%、女性で31.1%、「高齢だから」が男性で28.7%、女性で25.7%、「職を探しているが自分に適した職場がない」が男性で14.2%、女性で11.2%でした。


■私が勤務している病院では、夜間透析をしていますが、これ以上の受け入れは無理で、満床状態です。夜間透析をしている施設が減っているため、ずいぶん遠くから透析に通っている患者さんもいます。
私は、イチさんが、いざ透析導入した時に夜間透析ができるかどうかが心配になって、透析室スタッフに状況を聞いてみたところ、かなり難しいとの返事が返ってきました。
実際は働いていなくて就職活動をしている患者さんか、時間の融通がきく自営業の患者さんに昼の部に移ってもらうしか方法はないとのことでした。

■夜間透析が減ってきているのは、透析患者さんの高齢化のために就労者が減っているのが大きな原因でもあります。
仕事帰りに都心で透析を受けていた患者さんが、定年退職になって地元で透析をすることになったというケースが多くなり、都心の施設が閉鎖したという話しを聞きます。
また、夜間透析は人件費がかさむのに、保険点数は下がる一方なので大変だということも聞きます。

若い透析患者さんや、働き盛りの患者さんのためには、門戸を開いていて欲しいなあと思うのですが、難しいのでしょうか?

■いよいよ、今週末は第58回日本透析医学会@福岡です。
今回は、“ターミナル期、認知症、糖尿病透析患者の管理、移植”などについて勉強してきたいと思います。


スポンサーサイト
  1. 2013/06/17(月) 22:20:09|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/428-d7207fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。