透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続 透析に導入する直前について・・・

①続 透析に導入する直前

今回の記事は、透析レストラン 2013/10/22  透析に入る直前について  の続きです。

私が、もうすぐ透析導入の患者さんにお話ししていることや、透析のメリットとデメリットについて書きたいと思いますが、その前に、尿毒症の症状についてまとめてみますね。

もうすぐ透析導入の患者さんに、「腎臓が悪くなるとどういう自覚症状が現れるのですか?私は尿量も多いし、これと言って悪いところがあるとは思えないのですが・・・」と、よく聞かれるので、そういう疑問を持っている患者さんに、まず、尿毒症の症状についてお話しします。

◇中枢神経系・・・集中力の低下、イライラ感、不眠、頭痛、意識障害、幻覚、痙攣、昏睡
◇抹消神経系・・・四肢のしびれ感、知覚異常、イライラ感、灼熱感
◇自律神経系・・・めまい、立ちくらみ、汗や唾液の減少、体温調節の異常、性機能の障害
◇皮膚粘膜系・・・色が黒くなる←ウロクロームなどの色素が蓄積するため。乾燥した皮膚、かゆみ(不眠をおこすほどの強いかゆみ)浮腫(むくみ)←水分・ナトリウムが排泄障害により体内に蓄積するため。
◇心臓・呼吸器系・高血圧・心不全・肺浮腫・咳・呼吸困難、上半身を起こさないと呼吸ができない(起座呼 吸)、不整脈、心肥大
◇消化器系・・・・食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、味覚障害、口内炎、胃炎、腸管出血
◇血液系・・・・・腎性貧血←腎臓でつくられるべきエリスロポエチンがつくられなくなるため。
         出血しやすい←尿毒症物質の毒素の影響
◇代謝系・・・・ 中性脂肪の増加←脂質代謝の障害による。
         血糖のコントロール不良、内分泌的な異常→動脈硬化の原因
         ビタミンD欠乏→カルシウムやリン代謝異常→腎性骨症

参考文献:やさしい透析患者の自己管理 医薬ジャーナル社 「腎臓のはたらきと腎不全」

私は、この本を参考にお話しをします。
自分は、腎臓は悪くない。と思っていたけれど、自分にあてはまるいくつかの症状は腎臓が悪
かったからなのだと分かって、患者さんは愕然とすると同時に、大抵の方は理解を示してくれ
ます。


②続 透析に導入する直前


●透析のメリット(透析導入をとても不安がる患者さんへ)
・透析をすることにより毒素が抜けるので、透析前の保存期より身体は軽くなります。
・低たんぱく質の食事療法から解放されます。
・透析のために週3回通院することで、安否確認ができます。
・一人暮らしの高齢者の場合は、透析に通うことにより人と話す場が得られます。
・過労で腎臓を悪くした患者さんにとっては、週3回の透析が「休息」の場になります。
・外来受診の度に味わう、データの動きに対する不安感と、ストレスから解放されます。
・自由に旅行に出かけられなくなる訳ではありません。週末に透析のない2日があるので2泊から3泊の旅行は可能ですし、日本全国、世界各国で透析を受けることができ、旅行を楽しむ患者さんは大勢います。
・透析に導入した後の自己負担医療費はほとんどかかりません。実際は一人一ヶ月に40万円程度かかるのですが、医療保険によって負担されます。
・様々な福祉サービスが受けられます。それは、交通機関の料金割引、駐車禁止区域での駐車許可、所得税、住民税の控除などです。これらが充実しているのは、先輩の透析患者さんが患者会を組織し、厚生省(現厚生労働省)と交渉したおかげです。

反対意見もあると思いますが、敢えて書きました。このようなことを話すと、多くの患者さんは共感して、透析を受け入れようとしてくださるからです。


●透析のデメリット(透析導入をとても安易に考えている患者さんへ)
・時間的な制約があります。標準で、週3回、1回4時間の透析を一生続けます。
・低たんぱく質の食事療法から解放されますが、自由な食事になる訳ではありません。カリウムコントロールと塩分管理は保存期と同じです。新たに「リン」の管理など別の栄養素の管理が加わります。
・保存期は、水分を多く取った方がいいと言われていますが、水分制限という新たな管理が加わります。
・新たな合併症が起きます。それは、骨に関することや、皮膚に関すること、心臓疾患、動脈硬化などです。自己管理が悪いと合併症はさらに進む可能性があります。
・糖尿病腎症で透析に導入した方は、透析は最終ゴールではありません。血糖のコントロールはずっと続ける必要があります。


③続 透析に導入する直前


以上、日ごろ私が患者さんにお話ししていることをまとめてみました。
大切なことは、ポジティブシンキング!!諦めないこと!!だと思います。
寒くなってきましたね。
皆様、風邪をひきませんように。


スポンサーサイト
  1. 2013/11/20(水) 21:49:01|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/442-88a3bdb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。