透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

透析導入したばかりのミツさんの生活

透析導入したばかりのミツさんの生活 
透析導入したばかりのミツさんの生活 

原疾患は糖尿病で70代後半のミツさんが透析導入して、もうすぐ一ヶ月になります。
ゆっくりお話ししようと、私は透析をしているミツさんのベッドサイドへ行きました。

ミツさんは、平成24年夏に私が勤務する病院へ転院してきました。
転院時の尿素窒素は40.5mg/dl、クレアチニンは2.4mg/dl、血圧が高く、アルブミンは3.4g/dlでした。リウマチのため歩行が困難で、杖や車いすでの生活です。買い物はご主人がしています。

「ミツさん、おはようございます。透析に慣れてきましたか?」
待っていましたとばかりにミツさんは、ご主人への不満を話し始めました。
「透析後、送迎車が出発するまで随分待って、疲れちゃったんですよ。帰宅した時はもうヘトヘトで、ソファーになだれ込んだのです。そうしたら、主人に『もう透析には行くな!!』と、怒鳴られちゃいました。」

ミツさんが外来受診の時はいつもご主人が付き添っていて、栄養相談も一緒でしたから、私はご主人のことを知っています。いつもニコニコしていて温和な方です。

一度始まった透析はやめる訳にはいかないことはご主人も知っているはずなのに・・・よく聞いてみると、ミツさんの帰宅が遅いのでご主人は心配して、何度も何度も玄関と家の中を行ったり来たりしていたそうです。

「心配が高じて、つい怒鳴っちゃったんですね。優しいご主人じゃありませんか。」
私がこう言っても、ミツさんはその時のことを思い出してプリプリしています。

「ところでミツさん、透析に来る日は朝が早いけど、ちゃんと食事はしていますか?」
案の定ミツさんは、リウマチのため朝は苦手なので、透析が始まってからは朝食を食べる余裕はなく、帰宅してから食べているそうです。

私は、食べ物を用意してきて、送迎車を待つ間に食べたらどうかと提案しました。
そして一緒に考えた結果、菓子パンと、リーナレンLPと、みかんにすることにしました。

ミツさんは、自分で充分にお料理ができず、食欲もばらつきがあったため、透析導入前はリーナレンLPを毎日飲んでいたのです。
「ミツさん、リーナレンLPは透析導入前専用の飲み物ですが、透析の度に病院に持ってきて、今家にある分は飲みきってしまいましょう。飲みきったら、透析用に切り替えましょうね。早くご主人と仲直りしてくださいね。」

ミツさんは、透析を始めて何となく身体が軽くなってきた、とも言っていました。
もう九州の実家へ帰ることは一生ないと思っていたけれど、元気になってきたから九州へ帰ってみたい気持ちになったそうです。
保存期と比べて元気になれるのが透析の効果です。
いつか、ご主人と一緒に帰れるといいですね^^


もうすぐ節分 もうすぐ節分② 透析導入したばかりのミツさんの生活 ②
もうすぐ節分



■2013年の10月と11月に、「透析に導入する直前について」書きましたが、今回は、その続編のつもりで書きました。

透析レストラン 2013/10  透析に導入する直前について・・・
透析レストラン 2013/11  続透析に導入する直前について・・・



スポンサーサイト
  1. 2014/01/27(月) 23:17:12|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/454-f2048fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。