透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋田へ行ってきました②~秋田のモーニング透析バージョン~

今年は、駆け足のお花見をしました。なんて書いている場合じゃありませんね。もう5月も半ばですから。
こちらでは桜はとっくに散り、新緑から日々深緑に変わっています。
青空を仰ぎ、深呼吸して木々の息吹を感じながら毎日出勤しています。
私が秋田へ行ったときは、まだ硬かった蕾も、4月の下旬には見事満開になったそうです。

4月に秋田へ行ってきたことは、透析レストラン2014/04/30 秋田へ行ってきました①~いぶりがっこの検証~
こちらでお伝えしましたが、今回は、秋田で食べたモーニングの透析バージョンについて書きたいと思います。いつもいつもアップが遅くてすみません。

秋田では、糖尿病の早期腎症期を中心にお話ししましたので、透析バージョンと併せて、糖尿病の早期腎症期バージョンも考えてみますね。

■1泊目
横手のホテルのモーニング透析バージョン 横手の焼きそば① 横手焼きそば②
横手のホテルのモーニング透析バージョン&横手の焼きそば

B-1グランプリで優勝したお馴染みの横手の焼きそばは、今回食べられず。これはショーウインドウの焼きそばです☆☆

横手のホテルで透析バージョンとして選んだメニューは、
ご飯、豆腐とワカメの具たくさんみそ汁。
おかずは、前列がミニオムレツ、煮物、納豆。
中列は、穴子のあんかけ、生野菜、ブロッコリー。
後列は、角切りポテトのソテー、フルーツ(オレンジとパイナップル)、マカロニとポテトのミックスサラダです。

9分割のプレートに納まる量を盛り合わせましたので、各々少しずつです。
ホテルのモーニングの記事でいつも書いているように、みそ汁は具だけいただきます。
たんぱく質源(主菜)として選んだのは、納豆、ミニオムレツ、穴子のあんかけです。3種類も選びましたが、少しずつなので、透析を受けている方もこのくらいの量だと血清リン値の管理ができますよ。
副菜は、煮物、生野菜、ブロッコリー、ポテトのソテー、マカロニとポテトのミックスサラダです。元々オムレツにはケチャップがかかっていましたが、あとは追加の調味料は無しにしました。
前回の透析レストランで、たっぷり盛り合わせてある漬物をアップしましたが、実はあの漬物はこのホテルのモーニングです。
地元名産のおいしい漬物ですが、毎食食べると塩分オーバーになるので、この日の朝食で食べるのはやめました。

■2泊目
男鹿のホテルのモーニング透析バージョン 秋田名物 とんぶり しょっつる焼きそば
男鹿のホテルのモーニング透析バージョン&秋田名物 とんぶり&しょっつる焼きそば

男鹿へ行く途中の「食事処海鮮屋」で食べた、しょっつる焼きそばです。
全体に味が付いている麺は塩分の調整ができないので、1/3残しました。
はたはたのしょっつる(魚を塩と共に漬け込み発酵させた液体調味料)はとても濃厚。
やむなく残しましたが、しょっつる焼きそばは初体験^^
これも、御当地ならではの味。大満足でした。
ここで見つけたのが、前回の透析レストランで書いた『減塩六つの戒め』です。オットット~★


男鹿のホテルで透析バージョンとして選んだメニューは、
ご飯、細竹と葱のみそ汁。
おかずは、後列左がはたはた焼き、冷や奴、半熟玉子。
後列右は、筍と野菜。
中列は、フルーツ(りんごとグレープフルーツ)、切干大根煮つけ、金平ごぼう、漬物、ばっけ(ふきのとう)です。

こちらは6分割のプレートで、ここに全部盛り合わせました。
みそ汁は具だけいただきます。
たんぱく質源(主菜)として選んだのは、はたはた焼き、冷や奴、半熟玉子。冷や奴は正油なしでも充分おいしかったですよ。
そしてほんの少しずつ、切干大根煮つけ、金平ごぼう、漬物、ばっけ(ふきのとう)をいただきました。
ふきのとう美味しいですね。秋田では、“ばっけ”というそうですね。春の秋田にきた幸せをかみしめながらいただきました。


■透析患者さんの食事と、糖尿病腎症の患者さんの食事の違いは、たんぱく質量です。
腎症の患者さんは病期によって違いはありますが、たんぱく質を減らします。
糖尿病腎症の食事の場合は、1泊目のミニオムレツ、納豆、穴子のあんかけ、みそ汁の豆腐を減らします。
2泊目は、はたはた焼き、冷や奴、半熟玉子を減らします。
塩分は、透析患者さんも、腎症の患者さんも減らします。教科書通りだと、1食2g未満ですが、それはなかなか難しく、今回のモーニングでは、オーバーしています。でもちょっとオーバーは(片)目をつぶりました。

食事療法は毎日のことですから、「計算しなくてはいけない」「オーバーしてはいけない」といつも堅く考えずに、デーンと構えていて大丈夫!!
「大らかに。くよくよしない。」これが透析レストラン流。
検査データを見ながら、軌道修正していけばいいと思いますよ。

色々書いてきましたが、糖尿病の早期腎症期の食事療法で大切なことは「糖尿病食を基本とし、厳格な血糖コントロールに努める」ことです。透析食の場合は必要なエネルギーを確保することに重点を置きますが、糖尿病の早期腎症期は「食べ過ぎ注意!」です。ですから、目移りしてお代りしたいところですが、HbA1cの高い方はグッと我慢も大切です。


うるい、こごみ、わらび ハタハタ一夜干し、ふきみそ 押し寿司、筍酢味噌かけ、苺
うるい、こごみ、わらび・はたはた一夜干し、ばっけ・押し寿司、筍酢みそがけ、苺

秋田の春満載^^はたはたの一夜干しは、生まれて初めていただきました。柔らかくておいしい~~
秋田の味付けは甘い印象を受けました。
押し寿司の椎茸も寿司飯も甘め。お赤飯が炊けたら砂糖を振りかけるんだとか。

そこで、調べてみました。
全国平均年間砂糖の消費量は、7353g。
1位 長野  9772g
2位 長崎  8997g
3位 宮崎  8953g
4位 秋田  8856g

えーーっ、私の出身の長野県の方が砂糖消費量が多いの??
そういえば、祖母は、甘納豆入りのお赤飯が大好物でした。おまんじゅうの白皮の中身はお赤飯で、子供の頃に食べていました。


たらの芽とこごみの天ぷら なまはげさんのおせち御膳 ぎばさ
たらの芽とこごみの天ぷら・なまはげさんのおせち御膳・ぎばさ

前回の透析レストランで書いた、なまはげ館のなまはげさんが、「泣ぐ子はいねがー」「怠け者いねがー」と家を訪ねて来た時、おもてなしされたおせち料理です。なまはげさんは怖かったけれど後ろに回って、そーっと撮りました。ここにも、はたはたがありますね。

秋田はネバネバ系の海藻がたくさんあります。これは「ぎばさ」かなりネバーッとしています。食物繊維たっぷり。


秋田方言 ゴジラ岩 ゴジラ岩周辺
秋田方言・ゴジラ岩とその周辺

ゴジラの横顔によく似た奇岩です。ここに辿り着くまで足場は悪く、人気はなく、本当にゴジラが現れそうでした。
どっきどき!! 楽しかった~


スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 23:50:15|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/464-556d132c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。