透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宅配食の利用

宅配食

わが国の慢性透析療法の現況によると(2006年12月末現在)
新規導入患者さんの平均年齢は、66.4歳
患者さんの平均年齢は64.4歳
高齢化が進んでいます。一人暮らしの方も増えています
自分で作るのは大変なので、宅配を利用したいという相談をよく受けます。

宅配は、「食材宅配サービス」「惣菜宅配」など、さまざまな名称で呼ばれ昭和40年代に始まりました。当時は、毎日必要な分の食材料が届けられるシステムでした。
だんだん食材料だけでなく調理済みの食事の宅配も行なわれるようになりました。
昭和60年代、自宅での食事療法を必要とする人が利用できる食材料や食事セットのサービスも開始されました。
現在は、コンビニ・ファミレス・デパート・自治体・ケアセンターなど宅配は大はやり。利用目的、予算に応じて選択肢が広がっています。

私が患者さんから相談を受けた時、まずは透析専門の宅配をご紹介します。次に、高齢者用の宅配をご紹介します。高齢者用でも充分透析患者用になると考えるからです。
高齢者用は減塩の配慮がなされています。
野菜などは柔らかめに調理されています。大量調理は食材を何回も洗います。従って自然にカリウムの処理をした状態です。
全体量が少なめになっています。リンが過剰になることなく調整された状態です。

普段は宅配を利用している方も、時々は透析レストランのレシピを参考にして手作りしてくださいね。



スポンサーサイト
  1. 2007/09/09(日) 14:29:45|
  2. 食情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/48-69e3344f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。