透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第53回日本透析医学会が終わって ~わが国の慢性透析療法の現況 2007年末現在~

第53回日本透析医学会が終わって

第53回日本透析医学会が終わって

スタッフ2人が神戸の学会から帰って来ました。1人はフットケアを中心に、もう1人は認知症を中心に学会場を回ったそうです。

日本透析医学会統計調査委員会より2007年末の報告が出ました。

わが国の慢性透析患者  275119人 (10646人増)

男女ともに55歳以降で患者数が急増する傾向が認められています。

透析導入時平均年齢は、男性で65.8歳、女性で68.6歳。平均年齢は2006年と比較して、男性で0.2歳、女性で0.8歳増加しました。全体の平均年齢は、66.8歳。

透析に導入された患者さんの原疾患の第一位は糖尿病腎症で43.4%(前年より0.5%増)、第二位が慢性糸球体腎炎で24.0%(1.6%減)、腎硬化症が10.0%(0.6%増)

これらの報告は、わが国の高齢化人口が増加していることを如実に表しています。

スタッフが勉強してきたフットケアは、糖尿病透析患者さんが増えた透析室では、日常的に行なわれていることです。

認知症患者さんも増加しています。透析中、抜針事故をいつ起こすかわからないため、目が離せません。通院困難者が増え、どの施設もいつしか送迎バスは当たり前になりました。

3月24日のスタッフ日記「生きる意欲」に書きましたが、【顔や手には、切り傷やかすり傷があり、暴力を受けていたようで、お風呂に入れてもらってなくて、食事は1日1杯のおうどんだけだった】というような、家庭内暴力の問題は決して珍しくありません。

入院、高齢者施設へ入所の需要は増しています。一施設だけで高齢者に対する対応は、困難になって来ています。
地域での支援体制が必要になってきているのではないでしょうか。


スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 22:47:17|
  2. 学会・研修会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/67-ba9bcf16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。