透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これもポジティブ??85歳のフジさん

北京オリンピックが終わりました。日本と中国は時差1時間。日本時間で、真夜中や明け方のライヴはなく、オリンピック好きの私は寝不足に悩まされることなく、充分オリンピックを楽しむことができました。
大活躍の北島康介選手の実家「肉のきたじま」のメンチカツを食べました。
まさに話題の味。タイムリーに意義がある!おいしくいただきました。

透析導入して間もない、85歳のフジさんが転入して来たので、食生活の背景を伺いにベッドサイドに行きました。
フジさんは、一人暮らし。日常生活は、毎日通ってくれるヘルパーさん頼みです。
ヘルパーさんが買い物、食事準備をしてくれます。
透析のための通院もヘルパーさん頼み。今日は雨でしたので、カッパを着て車いすで病院に連れて来てもらったそうです。
フジさんはおっしゃいました。
「年をとることがこんなに辛いとは思わなかった。頭では色々考えられるのに、体が付いていかない。でも私は幸せですよ。トイレに行く回数が少ないから。」
(注:透析導入すると尿量が減り、トイレに行く回数が減ります。)

私は、言葉を失いました。
泣きそうになりました。

こんなに衝撃的な言葉はありません。さぞ辛いことをたくさん経験なさった方なのだろうと思います。フジさんとは、今日が初対面。これから、人生の先輩フジさんにたくさんのことを教えていただこうと思いました。

今夜のNHK「プロフェッショナル仕事流儀」は、科学者小池康博さん。
「逆境は不幸ではない。」とおっしゃっていました。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/26(火) 23:48:03|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/75-9dac7e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。