透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

防災の日 災害時の食事管理

9月1日は防災の日です。1923年9月1日の関東大震災に因んで、1960年に災害への備えを怠らないようにとの戒めを込めて制定されました。
阪神淡路震災の時には多くの透析施設が倒壊、透析不能になり、多数の透析患者さんが近隣の他府県で臨時透析を余儀なくされました。
普段より、災害に対する心得として「自分の身は、自らが守る」つもりで、日常生活の行動範囲の場に、常備薬を確保し、非常時持ち出し品(透析患者手帳、身体障害者手帳、ラジオなど)を用意しておきましょう。
災害時には透析が可能な施設に患者さんが集中するため、定期的な一日おきの透析ができず、透析間隔が空いてしまう場合が考えられます。

その場合、生命の危機に直結するのが、水分貯留による心不全と、高カリウム血症です。

以下のことを守っていただくことが大切です。
・水分・塩分を可能な限り控えましょう
・カリウムを多く含む食べ物を極力控えましょう
・たん白質が多い食品は控えましょう
・エネルギーの確保に努めましょう

透析回数又は透析時間が減る可能性があるため、老廃物をなるべく貯めないよう、透析導入前の保存期とほぼ同じ食事です。

備えあれば憂いなし。前もって知識があれば、少しは役立つことを願って・・・
もちろん、災害はふりかからないが一番ですが。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/01(月) 22:31:57|
  2. 災害・非常食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/76-9295e314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。