透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

敬老の日 通院が困難な透析患者さんの問題

敬老の日 りんどう

透析患者さんの高齢化が進み、全透析患者さんの平均年齢は64.9歳。65歳以上の方は53.7%です。(2007年度末)
透析導入患者さんの平均年齢は66.8歳。私が勤務する施設では、68.7歳です。

全腎協と透析医会協同アンケートより、通院困難な透析患者さんが、通院の困難から長期入院となっている実態が浮き彫りになりました。

現在、通院困難者の対応は、医療機関による送迎、介護保険による送迎、福祉有償送迎、ボランティアによる無償送迎などがあります。
制度を利用するまでの手続きは複雑でサービスが受けられるまでには時間がかかります。
通院送迎に関係する法律や管轄省は、介護保険法、障害者自立支援法、厚生労働省、道路運送法は国土交通省、道路交通法は警察、民間救急は総務省、と多岐にわたります。

全腎協では、サービスを利用した時の自己負担が支払えない、家族の協力が得られない、認知症の発生など通院が困難ことを理由に透析導入しないことがおきないかと懸念しています。
(社団法人 全国腎臓病協議会発行 SSKAぜんじんきょう No.229 を参考にさせていただきました)

MSW(メディカルソーシャルワーカー)さんの人員配置がもっと多ければなあと毎日思っています。



スポンサーサイト
  1. 2008/09/15(月) 00:58:24|
  2. 透析関連情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/78-b30dc0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。