透析レストラン・・・スタッフ日記

透析食配信サイト「透析レストラン」 そのスタッフが綴る「食」に纏わる日記帳です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新春 2009   透析患者さんの今後

                  2009 迎春 

あけましておめでとうございます

以前は、1月1日だけは、透析患者さんも透析スタッフもお休みしようと、12月最終日曜日に透析をするようにスケジュールを組みました。
現在も、元旦はお休みにしている施設がありますが、透析患者数が増え、スケジュール調整が難しくなり、暦通り元旦も透析をする施設が増えているようです。

去年透析導入したツノさん。
12月30日に透析を終え、今は独立して別世帯を構える娘さんや息子さんと一緒に温泉旅行に出かけました。
本来ならば、元旦が透析日ですが、「えーっ、元旦に透析なの ~?私は2日に帰って来るつもりよ。」と、おっしゃっています。
導入当初、何回も透析日に来院せず、周りは心配したものです。
「子供が小さい時は、ちゃんと学校行かなきゃだめよ。なんて言っていたのに、私が透析さぼっていちゃだめよねえ。子供たちに心配かけないようにしなくちゃ。」
いつしかツノさんの、“透析さぼり”は無くなっていました。
ツノさん、2日に来院でもオーケーですよ。
(旅行日程変更の際は、娘さんから連絡が入ることになっています)

昨年も、紅白歌合戦楽しみました。
司会は貫禄の中居君、仲間さん。どの曲も感動。強いて、一押しを選ぶとしたら、木山裕策さんの「home」。
40歳の彼は、甲状腺腫瘍摘出後、声が出なくなる危険があることを告げられ、自分の声をCDに残したくて昨年歌手デビュー。
紅白会場には、奥さんと4人の子供たちが駆けつけお父さんを応援していました。

ツノさんも木山さんも、家族の支えは大きいですね。

2007年末時点で25年以上透析をしている患者さんは、男性5150人、女性4020人になります。
以前は、透析をするのに自己負担が発生していたため、金の切れ目が命の切れ目で、女性は、経済的理由から、透析を断念した方がいらっしゃったのが現実でした。

今後も、高齢透析患者さんが増え、様々な問題が発生するでしょう。そうした、未来を見据えた上で、目の前の問題に一つずつ取り組んでいこうと思います。

今年も、「透析レストラン」をよろしくお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2009/01/01(木) 13:57:48|
  2. ごあいさつ&お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tousekirestaurant.blog41.fc2.com/tb.php/93-f4a188dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。